りんかん倶楽部 第3話 詩織と真紀 通常版

 

作品情報

作品名  
りんかん倶楽部 第3話 詩織と真紀 通常版
サークル名
PIXY [ピクシー]

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

■りんかん倶楽部とは?
りんかん倶楽部とは、林隠市にある林隠学園に存在する秘密結社の名称。
はるか昔から行われてきたこの地域に伝わる古い習慣に起因する組織。
元々は地域の守り神とされる石長比売(イワナガヒメ)の呪いで起こるとされる病害や不作から地域を守るため、新月と満月の晩に、石長比売(イワナガヒメ)が恨む木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)に扮した巫女を集を持って輪淫、つまり輪姦する儀式から始まった。
巫女は輪姦に参加する男の大切な存在、つまりは恋人や妻、お母さんや娘、姉や妹などの血縁者でなくてはならず、輪姦後、懐妊すれば石長比売(イワナガヒメ)の怒りが収まり、地域の平和と豊穣が約束されるとされた。また懐妊しなかった巫女は石長比売(イワナガヒメ)怒りを沈めるため雛流しと言われるさらなる儀式が行われた。雛流しとは、男性の濃厚ザーメンを満たした藁で巫女を簀巻きにして、生きたまま巫女を川へ流すという生贄の儀式だが、この残酷な儀式は室町後期になると引き換えに紙でつくった雛人形を川へ流すことで代用され事となる。
江戸時代になると、地域の人口の増大とともに儀式的な要素が弱まり、西日本で多く見られた夜這いの様に、性に奔放な人々のための淫らな風習として姿を変えて行き、明治以降も、その習慣は引き継がれ大正時代に林隠学園の元となる私立校内が開かれると教員や学生たちが主導する『りんかん倶楽部』という秘密結社となって現代に伝わる。
地域に古くから住むもので、この隠習を知らない者はなく、決して外部の者には語られる事なく秘匿されつつ許容されている。

■第三話物語
お母さんの愛子を輪淫地獄から救うため、先生を務める娘の詩織が旦那に秘密で輪淫の巫女となる事に。
「一滴残らずお前の子宮にぶちまけてやるからよ……ちゃんと孕むんだぞ」
一夜にして美しい学園のマドンナ先生が欲望の生贄となる。愛する旦那にだけは惨めな姿を隠し通そうとする詩織だが獣欲の鬼畜どもは全てを粉砕するために……!?

■スタッフ&キャスト
山崎鈴子 :秋本ねりね
田村素子 :緒田マリ
桂木愛子 :紫苑みやび
桂木真紀 :草柳順子
中村詩織 :紘川琴音
山中知美 :安堂りゅう

イベント:笹山 逸刀斎
プロデューサー:堀江 拓 / 笹山 逸刀斎
シリーズ構成:うだたん / 笹山 逸刀斎
脚本:こぬたん
絵コンテ/演出:さだやまやなは
キャラクター原案:すめらぎ琥珀
キャラクターデザイン:さだやまやなは
作画監督:さだやまやなは
美術監督:片平 真司
収録監督:堀川 和人
音響監督:神保 直史
監督:さだやまやなは
アニメーション制作:セブン
製作:ピクシー[Pixy] 時間:30分

☆画像サイズ: 16:9 ビスタサイズ

詳細は
↓↓↓
http://www.pixy-soft.com/product/product16_03.html

サポート用メールアドレス: support@pixy-soft.com

りんかん倶楽部の次の標的は学園のアイドル、美魔女に続き、美人ドすけべ妻先生へ!
りんかん倶楽部の犠牲になったお母さんを救うため身を挺して、生贄にささげたキレイ系どエロ妻は男たちの度重なるレイプに屈し、アへ顔をさらしていく
もっとは美人先生の妹やりんかん倶楽部会長のめちゃカワ女子学生会長にまで!
りんかん倶楽部の暴走はとどまることを知らず、エロさもエスカレートしていくので即ヌキにも向いていておススメ
保険医の先生が1000円で学生達と売春セックス。
最初こそオトナとしてリードするが、すぐに悦楽堕ちしマゾ!隷化するのがドチャシコだった。

そんなお母さんを窮地から救うべく、若きドすけべ妻女教師がその身を巫女に供し調教を受ける。
夜の校内では器具を使用した露出スカトロシーンが圧巻。

おすすめの記事