おまんじぅ the MOVIE 《Ver2.46(にょろ)》

 

作品情報

作品名  
おまんじぅ the MOVIE 《Ver2.46(にょろ)》
サークル名
うさぎプリン

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

「 こ の お っ ぱ い 揺 れ す ぎ !! 」

■ このやっぽい動き……瞬きしないで見つめて欲しい!
  柔らかいムッチリおっぱいがぷるるん、ブルブル、たっぷんたっぷんと揺れ動く
  モノホン・フルアニメーションを、どうぞご堪能下さい。

■ せっかくのアニメなんだもの……いっぱい喘いでます。
  とってもかわいすぎるくせに過激に淫ら。 これほどのHな音、外に漏れたら大変!
  ヘッドホン必須のフルえろヴォイス。 (CV:紅月ことね)

■ 「ビクッビクン」……欲情を増幅させる描きエロ文字表示システム。
  マンガ文化で育った僕達。 いかがわしい擬音にエロスな気分が止まらない!
  随時ON/OFF切り換え可能なので、アニメ観察の邪魔になる心配はありません。

■ 原作のテレビ放映が待ちきれず(勝手に)エロアニメ化。
  全国のよい子の心を悩ませる、あの寸止めお約束マンガが、2008年の春
  TVアニメ化されるくせに先駈けて、すけべいな方向にだけ突っ走って
  モロ出しでエロアニメ化。 (2007年8月現在)
  恐らくTV放映でも蓄積されるであろうモヤモヤに対処すべく、
  今からムッチリおっぱいを脳裏に焼き付けておこう!

■ まずは家族が寝静まったのを確認して、サンプルムービー(体験版)をチェック!
  (Hなボイスが流れます。 音量に注意してご観賞ください。)

※ 《Ver2.46(にょろ)》にバージョンアップしました ※
   「触手で搾乳」動画追加です。

どことなく立体感のあるアニメーションが素晴っぽいです。ムッチリおっぱいのむちむち感が表現されていて、なめらかに動きます。擬音効果も、なかなかに盛り上げてくれます。 価格もリーズナブルということなので、ムッチリおっぱい好きの方は是非に買ってくださいませ。
値段の手頃さ、動画の質を考えると、
お勧めさとしてはぜひ手に入れて後悔はないかと思います。

値段がそれなりなので、動画数自体は
少ないかもしれませんが、
乳揺れ、やらしいパイズリ動画、またがり騎乗位の動きなど
体験版を観られて、気に入ったのでしたら、
ぜひご購入を!

プレイ内容的にはノーマルから触手・・といった
幅広いバリエーションがあるのもこの作品の
魅力かと思います!

なめらか動画で肌の質感・汁表現・声優さんのセックスボイスなど、
エロさは言うこと無しです。また、「はぁはぁ」・「くちゅ」などの
効果音やセリフが動画と一緒に表示され、エロさが倍増されています。

動画観察モードでは動画を観察できるだけで音声が無かったり、
各シチュエーションごとに一連の動画が分割されていて
スムーズに観察することが出来ない仕様になっているのが唯一の残念な点だろうか。

シチュエーションは『やらしいパイズリ』・『ハメ』・『触手』の3種、
キャラは2人でそこそこなボリュームで価格がかなりお手頃価格なので、
買って損は無い作品だと思います。

ここまですごいとは思っていなかった。
物語は何も無く、ただセックスする内容。
動画は滑らかで、絵は原作に近く、かつエロく、また声優さんが
ぴったりマッチしている。
原作が好きな人なら迷わす買いだろう。

唯一の不満は、個人的に春○の触手シーンは要らなかった。純愛好きなので。
それでも、動画作品としての質は極上レベルなので、胸を張っておすすめできる。

ほかのレビュアーさんも書いていますが、ほんの少しシーン数に物足りなさを感じたのが玉にキズでした。

しかし、ぽよんぽよんと滑らかに動く大きな乳に感動です。むっちりです。また、西友さんの元ネタにクリソツせた演技(語尾とか)がすばらしかったです。

元ネタを知ってる、好き、という方はかって後悔はないはず。知らなくても十分に楽しめる・・・もとい使える作品だと思います(あまりゲーム性はなく実用的なので)。

セル画じゃなく、イラスト調の色使いが新鮮に感じた。
ゲーム性はなく、ただクリックで進行するのも下手に手間がかからず、楽で良い。
本当は元ネタは知らないのだが、綺麗に描けてるし、良く動いているし、値段も手頃。
買って損はしない一品と思う。

おすすめの記事