性便器奴隷

 

作品情報

作品名  
性便器奴隷
サークル名
達磨さん転んだ

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

■CG集+ノベルです
基本13枚+差分+ノベル+その他で44枚です
形式はJPG 1600×1200 1200×1600

■!隷調教ものです。蟲とアナルを使用したプレイが多めです

■作品より抜粋
エトワール
身元不明の少女 犬ベースの獣人 非常に素直な!隷。小さなころから肉便器であった。
今の主人は4人目である。年齢ごとに趣向があっている男に手に渡ってきた。
最初は重度ペド、次の主人はちっぱい好きの炉利コンというように成長とともに売られては
買われてきたという悲惨な人生を歩んできてる。

主人
現在のエトワールの主人でそこそこの社会的地位がある。彼女を完全に人間以下のペット扱いしており、身をわきまえない振る舞いやミスをすると過酷な調教をエトワールに施す。この国では獣人には人権がほとんどなく、彼の振る舞いは世間ではなんら非難や批判されるものじゃない当然なものである。

女の娘がさまざまなプレイで調教される物語です。

しっかりとした物語で、それぞれのプレイを楽しむことが出来ます。
SSもしっかりしていて、読みやすいのも特徴です。

調教や蟲姦などが好きな方にオススメです。

主人公は小さいころから!隷として扱われています。
苛烈な調教が続いていますが「決してアクティブに求めない」というのが魅力のひとつです。

一切反抗せずに叫び声を上げ続けるので加虐心を魅了されます。
御主人様に許しを請おうとするシーンが多く「気弱な少女が調教されているシーンに興味がある」、「アへ顔やうほぉぉぉおんなどのリアクションはきつい」という方は手に入れてみて後悔はないと思います。
※蟲や触手が苦手な人はすこしおすすめできない、、、。

個人的には売り払われるシーンがぐっときました。
これだけ理不尽な目にあっているくせに捨て値で売られるという場面です。
この後、今までの経験や元来の性格からどのような仕打ちを受けるのか考えるだけでゾクゾクします。

同サークルの他作品によくみられる四肢欠損要素がこの作品にはありません。
「絵柄やシチュエーションには興味惹かれるけれど、欠損はほんの少し……」
という方にぜひおすすめします。

もっとも、だからといって決して生易しい内容じゃないことは、サンプル画像を見ればわかると思います。
少女エトワールはとても素直で、主人のどんな鬼畜な責めも大抵は受け入れる姿勢を見せるのですが、
そんなエトワールでさえも思わず拒絶の声をあげてしまったり、許しを請うようなヘヴィな仕打ちが行われます。

各シーンは差分により「調教前/調教後」であるとか「カラダに何か施される前/後」という具合に
2パターンの画像+そのシーンを補足する文章、という構成になっています。
これが差分の間の出来事や、その後も続く悦楽や苦痛を想像させるような作りになっていて効果的で、
なによりエトワールの心境が表情の変化から非常によく伝わってきました。

この作品のような路線でぜひまた作って頂きたいです。

おすすめの記事