漂着物とイタズラ

 

作品情報

作品名  
漂着物とイタズラ
サークル名
色点屋

作品ギャラリー
Gallery



作品の詳細

隣国との戦争を止めるため、王から預かった親書を運ぶヒロイン。だが道中、海賊に辱められる。
海へ逃げ、なんとか隣国の浜辺に流れ着くも……
ヒロインは近くに住む少年たちに発見されるが、好奇心満々な少年たちは……

基本10枚 その他6枚 差分を含め69枚 
服を着ていない裸バージョンと、それぞれの文字なしバージョンを収録

隣国との関係が険悪になったため、国王が急遽和平の使者を送るものの、それを阻む勢力から使者の乗る船が辱められてしまい… というストーリ~です。 ヒロインはこの使者で、子供を産んだだらけの母乳の出るムチムチボディの持ち主です。

そんな彼女が島に流れ着いたところ、二人の男の子が彼女を発見、彼女が動けないことをいいことに、かわるがわる好き放題してしまいます。具体的なプレイ内容は、ガチHガッツリと大量に膣内射精、尻穴にガッツリと大量に膣内射精、やらしいパイズリ射精です。

コンパニオンのような衣装ありバージョンと、全シーン丸裸バージョンがあり、それに応じてセリフの差があります。全体的な物語を理解するなら、衣装ありバージョンを先読むことをお勧めします。

また、国王の前で使命に燃える明るい表情と、なすすべなく男の子たちに悪戯されてるときの虚ろな表情とのギャップがたまりません。救いのあるオチというではありませんが、彼女の美しさと儚さに引き込まれる作品でした。

裸verは有り体に言って基本絵の差分処理に過ぎません。
しかし、ただ服を描いていないだけの差分と思ったら大間違いです。
サンプルでも例示されているように、衣服の支えがあるムッチリおっぱいと重力に従ったムッチリおっぱいでは当然つつ角度や広がりが違ってきます。
また、台詞も「服を着ていない」状態を反映し、コミカルと言うべきかシュールと言うべきか、いい大人が丸裸で出歩く現実に沿った驚きに満ちています。
サンプルでも王が言っていますが、これほどのムチムチな女体が一糸まとわぬ姿だとしたら「目のやり場に困る」なんて軽い言葉では物足りない威力です。
もっとも、逆に服を着ていれば健全かと聞かれれば、そうとも言い切れません。
このエロ婦人の服は異様に薄く、守るべき部分がほとんど透けている上に、胸の谷間と絶対領域が強烈なインパクトで目を奪われます。
シュールに突き抜けた丸裸よりも、下手をしたら着衣の方がエロさでは勝っているかもしれません。
作中の言によれば子供を産んだだらけだと言う完熟ボディは重そうな肉厚で、極上に触り心地が良さそうです。
漂着物ということで少年たちになすがままにされるわけですが、この時の少年たちのドキドキ感・ワクワク感は中々よかったです。
ヒロインのムチムチ体系と少年の体格差もあり、背徳的なエロがありました。
母乳や断面図があり差分が豊富なのも良かったです。
「女冒険者たちが砂漠のオアシスに立ち寄ると……」を手に入れてから随分経ちました。

キャンペーンでお得になっていたので購入、以前の絵柄も良かったですが私は今のムチっとした感じに惹かれますね。

次回作もこっち方面に期待して満喫にしてます。

ムチムチなエロ婦人が漂着し少年たちの玩具にされます
犯すというよりも興味本位で色々なプレイを試行錯誤したまま試す少年たち、うっすら目を開けて無リアクション、なすがままのヒロインがとてもエロかったです
それにしてもヒロイン、白のレオタード着てるくせにマンスジどころか尻穴まで丸見えで平気なのか?ってくらいいやらしい格好してます
着エロ好きな方には是非おすすめ
戦争を回避すべく使者として旅立ったものの賊に辱められるは流れ着いた先の浜辺で二人の少年達に体を弄られたりと、ヒロインの悲惨さが堪りません。ヒロイン自体長髪の良く似あう美人でさらにスタイルも抜群と、そういう人が滅茶苦茶にされる様には結構良かったです。
 加えて服装の有無で内容の一部が少し変わって来るという所にも驚かされました。
 そして、最後のシーンには背筋が凍り付くような思いをしたのを受けて浜に流れ着いたモノには軽々しく手を出してはいけないと思い知らされました。

おすすめの記事