便器委員! ~聖ヴァギナ学園○等部~

 

作品情報

作品名  
便器委員! ~聖ヴァギナ学園○等部~
サークル名
カステラ

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

【物語】

私立聖ヴァギナ学園○等部。この学園には便器委員という珍しい特別活動がある。

──便器委員に選出された女子学生は全男子学生に対して
平等に慈愛の精神をもって性奉仕を行わなければならない──

未来に向けて股の開かれた優秀な人材を作る聖ヴァギナ学園の平和な日常。

【内容】

ご覧いただきありがとうございます。

常識変換系の作品です。

もしも校内に、風紀委員や保健委員、図書委員と同様に、便器委員というものがあったら
どんな風になるだろうと思って作った作品です。

普通の特別活動ですから、その活動自体は女子たちに当たり前に受け入れています。
「もう、仕方ないわね、早く射精していきなさい!」等と言いつつ、
誰に対しても、すぐに股を開きます。

「これはセクロスじゃない、ただ、性処理のためにエロ婦人器を貸すだけ・・・・」

でも、おっきいオチンポには、さすがに感じてしまうのです。

【本編から】

■ツンデレめちゃカワ女子なクラスメイトをその恋人の面前で■

「はぁ?アンタも使いたいの?うわ、マジでサイテー・・・

 ホラ、挿れるんならサッサとしなさいよ

 言っとくけど便器委員の日じゃなかったらアンタみたいなクラスの底辺
 しゃべることすらないんだから感謝しなさいよ」

■友人が便器にされてるのを見て欲情した清純派系ヤリマンと■

「アハ、根元くんのおち○ちん、私の白濁濡れマンコ汁でドロドロになってしまったねぇ~♪

 さすがに根元くん凄まじいわぁ・・・

 クラスの女々しいハンサムどもと違って女子を完全に射精するための
 道具扱いしてくれるというかぁ・・・

 女の幸せをわかってるわぁ・・・」

■ツンとした美人で有名な3年生の先輩をババア呼ばわりして■

「ゴメン!ゴメン!ごめんなさい!
 よもやこれほどに凄まじいオチンポと思わなかったから!

 私が間違ってましたごめんなさい!

 わざわざ私みたいなババアの中古濡れマンコを利用しに来てくださったくせに
 本当に申し訳ありませんでした!!」

などなど。

常識変換系エロSF/SS付きCG集。基本絵11枚、総合CG数112枚。

洗脳や催眠系統の中でも一番好きなのが常識変換系ですね
洗脳のように周りの人間が正常だったり催眠のように周りの人間が無関心だったりするのじゃなく、周りの人間も巻き込んで異常な空間がさも当然であるかのように形成されるという展開がとても好きです

「便器委員ってなにするの?」「セクロスするだけだよ」「なんだ楽勝じゃん」
というのは本編の一シーンですが、こういう異常な会話を世間話のように話すシーンを挟まれているのが常識変換常識改変の醍醐味をわかってるという感じですね

こういう作品が増えることを期待しています

ひたすらカラダに落書きされた便器あつかいの子を犯せる作品です。
カラダに落書きとか性処理道具などが好きな人にはオススメです。
また、女子が主人公のオチンポに屈服していく感じのシーンもいくつかあるのでそういうのが好きな人はいかがだろうか。
ただHシーンが少なめな気がするので、できるならもう少したくさんの子を堕とすか一人あたりのシーンを増やして欲しかったなとは思いました。
とある学園での出来事が描かれています。
委員活動として男子に性的奉仕活動を行います。
この世界では普通の事なので淡々と奉仕をします。
しかしヒロイン達も段々とHな気分になって、という展開です。

世界観の違う話でとても良かったと思います。
DL数の多さが頷ける商品です。

便器委員という男の性処理を行う委員が存在する学園で主人公がデカチンで無双する作品。
世界改変か常識改変かは作中では明かされてませんが、説明を読む限り常識改変のようです。
ただ、どちらの予定でも楽しめます。
モブなどを交えてヤルというよりはそのデカチンで女子を屈服させていく系の作品で、立て続けに女子が悦楽に堕ちてアクティブに望んで便器になって行く様が爽快です。
女子が自分を貶める系(「便器でいいからオチンポ下さい」とかそういう系)のいやらしい淫語が好きな方であれば絶対に満足できますので、是非とも手に取って下さい!
便器委員という性処理をする係が存在する校内でのストーリ~です。
どの女子もカラダにいやらしい落書きが書いてあり、それがまたエロさをそそります。
性処理道具ものとしては、後味がすっきりしていて良いと思います。
サンプルで興味を持った方は是非!
割と訳ある設定ですが、だからこそ素晴っぽいシチュエーション。エロ婦人とが便器を義務づけられる系のストーリ~。嫌がる者、受け入れている者といる中、そんな違いなど構う事無く主人公が犯せば女は不可避に腰を振る。全てにおいて淫らで変態な表現なので、そう言ったものが好きならば、一読の価値あり。

おすすめの記事