X型射精管理アンドロイド

 

作品情報

作品名  
X型射精管理アンドロイド
サークル名
喘葉の森

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

本作品はpixivで投稿していたシリーズに加筆・修正と描き下ろしを数点加えたもくせになります。
内容としては、

・射精NG期間編
・定量搾精編
・永久射精権剥奪編

の三編で構成されており、基本CGはモノクロ23枚です。
プレイは主にやらしいパイズリと手コキ、いわゆる「ガチH」は一切ありません。
いずれかというとやらしいパイズリがガチHのような扱いになります。
シチュエーションはM向けで、一貫して無感情・事務的な態度を取ります。
逆転もなければデレもありません。

-あらすじ-
医学の急速な発展により人類の寿命は300歳をめっちゃえたとされる昨今。
人口爆発抑制を目的に生殖権の管理が必要とされ、劣悪遺伝子と認定された市民は生殖権を剥奪される。
「人道主義」を謳うその国では生殖権を剥奪された市民に対しても去勢措置は行わない。
引き換えに射精管理アンドロイドが派遣され、射精管理と性処理を担当し「間違い」が起こる可能性を排除する。
同時に市民として適切な行動を監視するものであり、場合によっては生殖権の復帰もありうるとされる。
ただし、そもそも扇情を目的に設計されたセクサロイドを前に性的欲求を抑制し節度を保つことは不可能であり、生体デバイスにアクセスし射精機能を奪うその方法は事実上の去勢である。
その制度は欺瞞に満ち、「人道主義」が建前に過ぎないのは明白だった。

射精管理ものというジャンルでは僕の知っている限りでは
貞操帯を付けられたり家に拘置されたりして
射精の権利の一切をエロ婦人に差し出して管理されるというのが
ポピュラーなものだと思っています。

しかしこの作品は「射精する」という
動物としてのリアクションそのものをアンドロイドに支配され
ヒトとしての尊厳までも事務として淡々と管理されてしまう、
そのような完全なる「射精管理もの」になっています。

pixivでupされたものが見やすく並べられ
さらにpixivユーザーからの熱い要望に応えた
if物語まで収録されたこの作品が
525円という漫画の単行本感覚のお手軽な価格で
入手できるので、普通のM男向け射精管理もくせに飽きたという
紳士な方々はぜひ一度購入されると良いかと思います。

無感情で無表情なアンドロイドに、徹底的に射精管理されてしまうCG集です。
この作品での射精管理は、目的じゃなく手段なので射精管理されているシーンは少ないですが、やらしいパイズリで焦らされお預け等いやらしいです。

プレイ内容はやらしいパイズリと手コキオンリーで、搾精シーンはほぼやらしいパイズリでガチHどころか下半身を使用したプレイは有りません。
射精管理の後はひたすらやらしいパイズリで搾られ、規定量の濃厚ザーメンを出すまでは意識を失ってもすぐに蘇生され搾精再開します。
とりあえず設定がいやらしいので、あらすじを読んでおいた方がいいです。

射精管理ものというと、射精NG期間を設けてムラムラとしたまま過ごし、やがて訪れる許可を大いに楽しむというイメージが強いです。
ですが本作では、NG期間中でも射精が可能で、そのためにNG期間が延長されます。
目先の愉楽に溺れて肉感的なヒロインのカラダに欲望をぶつけた結果、現実では確実に煩悩とか消え去るレベルの期間の禁欲を強要されてしまいます。
しかし一方で、その果ての壮絶イキが「量」で描かれており、主人公の心地よさのほどがうかがえます。
私は SF 着衣が好きです この作品は とあるSF漫画に出てくるシ〇にクリソツていたため買っちゃいました。 一貫して衣服をずらしたり、肌が露出することがない完全着衣でした。設定もよくねられており満足できる作品です。
こちらサークルの”Z型射精管理アンドロイド”という作品と一緒に買っちゃいました、どちらの作品にも共通してやらしいパイズリに重点を置いていました。
また作品内で垣間見れる世界観がディストピア風味で、読む前にリードミーを読んでおくとより没入感が得られると思います。
逆転なしの終始攻められ続けるのでMの人も楽しめると思いました。
pixivへ投稿された作品+αの内容で大満足。タイトルにもある通りの、射精管理終了後の徹底的な搾精アルバイトが欲情高まる。特にお尻見せシーンでのめちゃたくさんザーメン放出にはM心をくすぐられるものがあった。
欲を言うならばX型のカラダ中へのへの浴びまくりがあればなお良かったと思います。

おすすめの記事