愛する人を取られた怒りの矛先 ~スライム姦、オーク姦、そして・・・~

 

作品情報

作品名  
愛する人を取られた怒りの矛先 ~スライム姦、オーク姦、そして・・・~
サークル名
卵白堂

作品ギャラリー
Gallery





作品の詳細

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
私が苦しんだ分・・・私が辛かった分・・・
あの子にも、味わってもらわないとね・・・
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

◆あらすじ
王の命令でオーク討伐隊がまた結成されると、前の討伐隊唯一の生き残りである賢者ミラはそのメンバーに。
前回の失敗の恐怖と不安を埋めるように、魔法で記憶を失ったテオと体を重ねることに。

「平気。ミラならきっと上手くやれるよ。」

テオの言葉を胸に討伐に向かうが、そこで彼女を待ち受けていたのは魔族化したアレッタだった・・・。

◆概要
前半アルバイトはテオとの愛のあるセクロス、後半アルバイトは異種姦レイプになっております。
スライム姦、自分の産んだオークとのセクロス、そして魔族化したアレッタが・・・。
本編:196枚
差分:119枚
合計:315枚
シーンイラスト枚数、過去最多!

前の作品「全ての穴を捧げても守りたい人 ~モンスター輪姦、肉便器、そして出産~」の続きです。
今作だけでもお満喫いただけますが、前の作品と合わせて読まれたほうがよりお満喫いただけます。

シリーズの続編であり、傷付いた心に取り入られて魔物へと堕ちた村娘が、復讐鬼と化して、村が壊滅するきっかけとなった少女へと残忍な復讐をする。これを果たすも、大切なものは一つとして取り戻せず、少女の心はいっそう深く闇に沈んでいく。
純粋だった村娘が、邪悪な魔物の心へと堕ちていった過程である前の作品を読んでいると、NTR的な展開を含めて、より楽しめるだろう。
前の作品の続編になります。

前の作品から話の続きになります。
今作だけ読んでもほんの少し話の展開がわからないと思うので、前の作品手に入れてから読んだ方が良いと思います。

肝心の内容は絵のクォリティーも良く、テンポ良く物語が展開されるので〇です。

シリーズ三作目。美麗なキャラクターと凄惨な表現が目を引きます。前半のあまあまから後半の鬼畜表現へ続くギャップが素晴っぽい作品でもあります。難点を挙げるならば誤字が結構多いことだろうか。とはいえ物語自体はきちんとしているし、バリエーションの富んだプレイも高評価。前半と後半を合わせればより多くの需要を満たせる良作といえます。
前の作品を読んでいると村娘・村の青年・はぐれ賢者の三人は本来なら仲の良い友人になり得たかもしれないこと、また悲劇に辱められたものの今作前半で村の青年とはぐれ賢者は悲劇から立ち直り幸せを掴めたかもしれないことを考えると、悪堕ちして復讐鬼になった村娘アレッタに賢者ミラが蹂躙された末に…という物語は救いが全くなく、陰鬱なバッドエンドの作品であり、後味悪い物語好きにオススメです。
しかし悪堕ち好きとしては、村娘アレッタが悪堕ちして露出的な衣装を纏った魔族となり、嬉々としてミラをいたぶる姿にも欲情してしまいます。後味悪いの承諾、また悪堕ちしたアレッタ本人のエロシーンがなくても承諾の人であれば、今作は悪堕ちアフターをたのしめる作品であり悪堕ち好きにもオススメです。
前の作品の続きだす。
前の作品で被害にあった村の少女が魔族に堕ちて、村が辱められた原因であるミラに復讐してく話です。ミラの方は序盤、魔族に堕ちた少女と仲の良かった男子とイチャイチャしてる。その束の間の幸せもすぐに崩れるとも知らずに…

おすすめの記事