『ザー○ン処理機』となったメイドロボ。

 

作品情報

作品名  
『ザー○ン処理機』となったメイドロボ。
サークル名
kurai屋

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

【外見は普通の少女だけど強引凌辱!】
中身はロボットだから問題なし。
掃除中に悪戯、寝込みを辱める、飽きて粗大ゴミとして捨てても問題なし。

【最初は汚れのない女子だったくせに・・・】
犯しているうちに段々ドすけべ淫乱な女になっていくロボ。
挙句の果てには、獣や知らない男性のち○こによがったり・・・

【基本CGは14枚、差分は5枚~10枚前後】
もっとおまけで以下の内容も収録

・文字なし+効果音あり

・文字なし+効果音なし

・その他(本編にない差分データ)※1

※1 『一部の断面ありなし』『エフェクトを取った』などの些細な違いだけです。

※差分データには一部、被るデータがあります。
例)『元が文字のみ』のデータ、または『元が効果音のみ』のデータ
※本編には一部だけ、獣姦の要素を含みます。
※画像のサイズは1280×1024ピクセルです。
※画像の拡張子はjpg(jpeg)です。

主人公の男性の家に段ボール箱が届く。
親からの仕送りかと思い開いてみると、段ボール箱の中にピンク髪の女子が入っていた。
この女子は人間じゃなくロボットで、主人公の男性の世話をするために送られてきた。

掃除をしていると主人公の性処理をやらされて、どんどんひどい目にあいます。

家政婦がいなくなってしまったボンボンの主人公に親から届けられたダンボール、そのなかにはかわいすぎるメイドさんロボが入っていたのです・・・。

ゲスな主人公がロボットだからとメイドさんロボに好き放題したあげく、壊れた彼女を捨てる感じの内容ですね。

最初は人間そっくりなので躊躇してたんですが、ロボットなので抵抗しないと分かった瞬間から徹底して好き放題して物扱いしていきます。人間にそっくりな分扱いのひどさが際立ちますね。

大抵こういうメイドさんロボみたいな作品はリア充イチャイチャなのですが、ロボットをロボットと割り切って、物扱いして好き放題する作品は珍しく新鮮でした。

小柄で幼げな可愛っぽい少女型メイドさんロボが、嫌がりつつもロボットなので命令には従ってメチャクチャにされていき、最後には壊れて捨てられる。
可愛そうなのが好きなひとにはお勧めできる内容になっています。

清純なロボット娘が残酷に犯しつくされる作品である。ロボット娘とはいっても、外見や作りは生身の人間に近く、価値観も大きく違っているわけじゃない。それ故、不埒な行いには反抗もするし、暴露するとはっきり抵抗の意を示す。そういったまっすぐさ、綺麗さがスパイスとなり、度重なるレイプが引き立つ。

ヘヴィな内容となっているがその一因は、野郎どものヒロインに対する態度であろう。口では「かわいすぎる」や「愛しているよ」などとうそぶくが、性処理としての扱いしかしない。気まぐれや飽食から残酷なことを平然とする。
どれだけ心惹かれようとも、「ロボットだから」で軽く片付けられる非情さがにじみ出ており、紹介文から察せられるとおりの悲壮感の高い作品となっている。

メイドさんロボを親からもらって、性処理用の道具として使用していく男性の話です。
最初は嫌そうだが、だんだん慣れてきて少し良くなってきているあたりまでは全然平気です。抜けます。
問題はそのあと。なんかいろいろあった後、ほんの少し壊れてしまうのですが、男がくそすぎてやばいです。
このあたりからメイドさんロボがかわいそうになって、めっちゃ萎えます。
鬱展開です。
メカ要素はほとんど無いです。
肉体的特徴は顔バーコードとコンセントのみ、痛覚も性感もあり。
ロボっぽいプレイは「充電スリープ中は何されても起きない姦」くらい。
精神的にも御主人様に絶対服従というわけでなく、喋りが堅苦しいこともなく、
露出や性行動を嫌がったり、「弱みでも握られて強く抵抗できない人間」ライク。

そういう実に人間っぽい娘が徹底的に救い無くモノ扱いされてしまうところに
欲情しました。

作品内容に載っている通り、パッと見がめちゃカワ女子なメイドさんロボがエスカレートしていくいたずらの果てに、壊されてしまう作品です。

男たちも完全にロボットとして扱っていて壊れてしまっても物が壊れた程度の感想しか無く、女子が酷い目にあうのが好みな方におすすめな作品です。

おすすめの記事