鬼の嫁~陵辱の巫女姉妹~

 

作品情報

作品名  
鬼の嫁~陵辱の巫女姉妹~
サークル名
moriya630

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

巫女姉妹が鬼と蟲にレイプされるオリジナル物語CG集です。

山のふもとの静かな村。村には言伝えがあった。

山には鬼が封じられている。赤い月の夜は封印が弱まり里に鬼が降りてくるから
村人は戸を硬く閉め、出歩いてはいけない。

赤い月の夜に神社の巫女姉妹が消えているくせに村人は気づいた。
鬼にさらわれて喰われたのだろうと、村人は姉妹をあきらめ
探そうとはしなかった。

しかし、山奥の鬼の住処で巫女姉妹は生きていた。

姉、柳(やなぎ)は鬼の性処理道具として…
妹の楓(かえで)は蟲の繁殖用苗床として…

◆プレイ内容◆
バージン貫通(出血表現等はありません)、幼蟲出産、濃厚フェラチオ、やらしいパイズリ 尻叩き、アナル貫通 

※断面図、たっぷりと大量中出し液でボテ腹、受精ぼて腹、出産シーンがあります。

◆収録内容◆

サイズ…1920×1200
基本CG枚数…55枚(エロシーンは47枚)
本編枚数…181枚

セリフ有セリフ無収録 すべて合わせると362枚

ブログにサンプル画像がございます。

http://blog.livedoor.jp/moriya630/

巫女×異種姦×孕ませが肉感的な塗りでしっかりと描かれています。この手のジャンルにも色々細かい嗜好がありますが、今作ではたわわな巨乳オッパイの姉は鬼による種つけ受精、ちっぱいの妹は蟲による卵産みつけ苗床化と異種姦孕ませの二大属性をちゃんと押さえてくれてるのがいいですね。ちなみに割合的には姉がメインで、たわわな巨乳オッパイ黒髪巫女の孕ませボテ腹が堪能できます。
何よりこのクオリティで基本CGが55枚、加えて手の込んだ差分まであるとそのボリュームは凄まじいものがありました。異種姦孕ませCG集としてはかなりの優良物件だと思います。
嘗て鬼を封印した巫女子孫の姉妹が鬼に浚われて性処理道具や苗床にされて、悦楽に身を委ねるという展開が面白かったです。
 姉は美人でスタイルが良く、妹はかわいすぎるのでその二人がHになって行く過程が事細かく綴られていたのが印象に残っております。
 Hも胸揉みや乳吸い・蟲姦・陰部弄り・素股・抱えつつのバック・正常位・自慰・69・濃厚フェラチオ・尻叩き・アナル攻め・やらしいパイズリ濃厚フェラチオ・馬乗り騎乗・ボテ腹・出産等と、犯されつつも幸せを掴む所に感動しました。
 また、セリフの無い差分が含まれていたのも見ていて嬉しかったです。
レイプもくせにありがちな、重く暗い一辺倒な感じがなく、読みやすい。それでもしっかりと物語が作りこまれた作品だと感じました。

鬼がいずれかというと、金満家のヒヒ爺みたいに、いたいけな娘たちを穢しているような展開がツボにはまりました。

このサークルの作品は初めてでしたがイラストに惹かれて買っちゃいました。
内容はタイトル通りで巫女姉妹が鬼の色気ムンムンどエロ嫁になるまでの過程が描かれています。
巫女ものということもあって購入したのですが、ほんの少し丸裸になるのが早かったでそこは少し残念ですがそこを除けば期待通りの内容&ボリュームでした。
妹だけですが蟲に犯される内容も含まれており、異種間CG集としてはかなりの出来だと思います。
同じサークルの前の作品とこの作品のシチュエーションが気に入ったため購入。
前の作品と比べると物語性が低下していた点と、せっかくの巫女物のくせにすぐに丸裸になってしまった点は残念なんだけど、以前と変わらずCGは質量ともに高いレベルにあり、絵やプレイ内容が気に入ったなら買って後悔はないだろう。
巫女姉妹が鬼の手で堕とされていく過程を描いたCG集です。
よくある異種姦ものですが、特筆するべきは画力の高さと適切な差分の運用ですね。高いレベルの絵はそそらせ差分はくどい感じなどなく適切な量でちょうどいい感じに物語が進んでいく。大変気持ちよく観察できる作品です。
他にも初心だった妹の方が悦楽に早く順応し堕ちていく様はいいアクセントになってくれます。
そしてあえて触れませんでしたが、異種姦の要素は殆ど堪えており、受精出産などなんでもござれな具合。
異種姦もののなかでは、かなり満足度の高いおすすめの作品です。

おすすめの記事