反抗期の娘

 

作品情報

作品名  
反抗期の娘
サークル名
船場きっちん

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

『森泉 彼方』は反抗期である。
毎夜独りで部屋に籠り自慰にふけっている。
お父さんが心配で覗いていてもお構いなしで、見せつける様に自慰をしている。
彼女がこうなったのは、ある事件がきっかけだった。

これは『森泉 彼方』の初体験の経験の物語である。

基本CG数22枚 総CG数69枚 画像サイズ1440×900px

父親の顔が割と薄め(同サークル比)
娘のバージン喪失からマンコイキするまでの表現がメイン。肉体的悦楽はしっかり覚えつつも娘が完全に堕ちないところがとてもいいのだが少し尺が短くシーン数が少ないので続きが見たい。
船場きっちんさんのフルカラーCG作品。無理やり犯ってしまう内容。
ここのサークルさんの絵が好みと言うのもあるけれど、小麦色の肌している肌が褐色で、常日頃露出しない部分は美白肌。
この褐色と美白肌肌のコントラストが良い。こういうのはモノクロだと上手く表現しづらいと思った。
美しい絵柄で細身な女子を描く(と、私が勝手に思っている)、「船場きっちん」様作品です。

今度は「反抗期の娘」とのことですが、最初にそういった背景を説明する文章はありますが、あまり全体に影響しているとは思いませんでした。
小麦色の肌の小さな女子が好みであれば、問題なく気にいる作品だと思います。
ただし、制服姿は、「ほぼ」ないと言っていいので注意。

おすすめの記事