陵辱戦線II~雌犬調教~

 

作品情報

作品名  
陵辱戦線II~雌犬調教~
サークル名
こねこはうすー

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

緒戦で両親を失い、天涯孤独となったアンは軍に志願する。
配属先は幸運にも、気のいい!らが揃ったブラ●アー隊であった。
戦地では、部隊は家族同然。そう諭されアンは可愛がられていた。
だが、幸せはそう永く続かず…
ブ●ウアー隊は壊滅し、アンは連邦の手に堕ちてしまう。
捕虜となったアンは、非道な連邦兵士達にレイプを受け
おマンコを気に入られてしまい、性的欲求処理用のペットにされてしまう。
繰り返される恥辱、屈辱、調教、耐え難い地獄の日々。しかし…
生き延びるタメには素直な雌犬となるしかなかった。また隊長に会える日を信じて…
それでも兵士達の情欲は留まる事は無く、無垢な少女に連発有無を言わさず壮絶イキを与え、
アンが悶え喘ぎまくりするまで、悪魔の様にあざ笑い満足いくまで興じる。
そしてもっと絶望は続く…
まだ幼なげ少女に、誰の子なのかも分からない連邦兵の胎児を宿らされてしてしまうのでした。

テキスト付きのCG集です。

敵の捕虜になった少女が基地の兵士達のペットとして飼われる話で
メインはレイプと雌犬調教です。
身に付けるのは首輪だけ。
人の言葉を話す事も、立つ事も禁じられて
犬として弄ばれ全ての穴を犯されるいっつも。
絶望と恥辱の果てにはもっと地獄が待っていました。

少女の惨めさはかなりいいです。
恥辱調教が好きな方にオススメです。

不幸にも、敵軍に捕まった女子兵士のストーリ~です。

まず、丸裸にされ、カラダ中を観察されます。
発育途中の胸。その先端の美しい色をした小振りな乳首。
下はまだ生えておらず、硬く閉じたあそこが丸見えです。

殴られ、気を失っている間に、乳首とあそこを弄ばれます。
意識がないくせに、吐息を漏らし、あそこを濡らしますが、乳首だけは立たないのです。
まだ発育途中で、乳首の性感が発達していないのだろうか。

そこで、乳首に鰐口クリップを咬まされ、電気を流されます。
強い衝撃と激痛で、腰振りダンスのように身悶え、とうとうおもらし。
気を失うこともできず、長々と電気責めに遭います。

15分後、ようやく、電撃から解放され、鰐口クリップを外されます。
可愛っぽい乳首は見事、びんびんに立ち、電撃の効果ありでした。

とうとう、敵兵の手は彼女の大切な部分に及びます。
硬く閉じたあそこを左右に拡げられ、バージン膜まで確認されます。

この後、彼女は敵兵に犯され続け、受精までします。
そこで、驚きなのは、さんざん使い込まれ、受精までしているくせに、あそこの型くずれはなく、ビラビラのはみ出しもなく、硬く閉じていることです。

そんな彼女に興味ございましたら、ご覧ください。

囚われたジ○ンの女兵士のエロCG集です。
兵士たちの慰み物として徹底的にレイプされます。
拷問シーンを始めとした痛々しい表現が結構多めです。
ノベルの内容も出来がよく、様々なレイプに耐える少女の姿を表現しています。

レイプシチュが好きな方にオススメします。

少女兵士が敵に捕まった事から始まる悲劇です。
最後の最後まで少女に一切の救いはないレイプ劇で、悲劇のまま終わります。
内容は凌辱から始まり、性処理用のペットとして犬のように扱われ(ペット状態の少女が妙にかわいすぎるです)、濃厚ザーメンを口にさせられ、輪姦され、暴力まで振るわれます。
ペットといっても扱いは性処理用の家畜か濃厚ザーメン便所で、ワレメ同然のおマンコも、アナルも口も性処理便器として扱われ、濃厚ザーメンのかかった残飯を餌として食べさせられたりします。
かわいそうだけど抜ける、そんな内容が好きな方にオススメです。

おすすめの記事