拷問によるチxポ矯正 —女尊男卑国家における露出狂対策法—

 

作品情報

作品名  
拷問によるチxポ矯正 —女尊男卑国家における露出狂対策法—
サークル名
Fetish★Fairy

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

※※※2019/5/4◆プロ妙技ト解除&¥1836→¥1188に値下げしました◆よろしくお願いします(*´▽`*)※※※

——キミはどれだけ痛めつけられても、私の足に抗えない。

カラダ中に枷を嵌められ、重刑を宣告されても、
刑が執行され、面前で男がxxxされているのを見ても、
それでも欲望を堪えられない。

ほら、認めなさい。キミのチxポはサイテー最悪な欠陥品。ポンコツマゾチxポなんだろう?——

◆story
20xx年、●月×日、
露出狂の捕縛・矯正を目的とした「露出狂特別対策法」施行。
および法執行組織として、Queen Bee、通称「QB」発足。

これにより、唯一逮捕規制の甘かった露出狂犯罪を厳格に取り締まることが可能となりました。

本作品では、露出狂の逮捕から、処罰までの一連の流れについて収録しております。
華麗なるQBたちの拷問ショーを、どうぞお満喫ください。

————————-収録内容目録————————-

・case1 / 20XX年8月X日 PN9:00 露出狂被害に逢われたAさんによる証言
・case2 / 20XX年8月X日 PM11:12 露出狂被害に逢われたBさんとCさんによる証言
・加害者への検察・および処罰
・最終審理

———————————————————–

◆ノーマルなセクロス、男陰部へ直接的な悦楽を与えるような行動は殆どありません◆
鞭打ち/金的/睾丸万力責め/チ●ポ天秤/焼ごて/数週間に及ぶ射精NG命令など、
男性はエロ婦人から一方的に責められ、詰られ、肉体的・精神的に痛めつけられます。
当然つつ男女関係が逆転することはありません。

◆いやらしい淫語および肉体的苦痛を与えることによる、精神改造がメインです◆
血液・グロテスクな表現はほとんどありません。

◆CFNMは勿論、S女M男、急所攻撃(縛り、足蹴り、去勢表現等)、人質プレイ、またボディースーツが好きな方向けの内容です◆

◆画像枚数
本編 195枚(うち、余白ページ 3枚)
表紙/あとがき 3枚

—–☆本編の詳しい内容やサンプル画像は、作者ホームページで公開しています☆—–
CFNM万歳! http://fetishfairy.blog2.fc2.com/
Fetish★Fairy http://fetish-fairy.sakura.ne.jp/
——————————————————————————–

物語展開が非常に面白く、読み応えがあります。

エロで物語重視というと冗長なものが多いですが、この作品は物語がエロとまんま直結しています。
一段階ごとに男がじわじわと追い詰められ、逃げ道を断たれていき、一人また一人と去勢されていく様がスリリングです。

またメインの拷問シーンでは、フェイス騎乗や足でわずかに触れる、射精をNGされた中での床オナ許可など、飴と鞭の使い方が上手いです。

去勢とありますが、前の作品同様血液表現はなく、濃厚ザーメンが大量に描かれているので、グロは苦手という自分みたいな人も楽しめるだろう。
ただし1シーンだけ、床にオチンポが落ちているというものがあり、その絵は血がないですが結構ヘヴィです。
また包皮が千切られるなど、テキストの表現は痛々しいものもいくつかあります。
言葉運びは冷静で、また男を否定するということを主眼に置かれているようなので酷く陰惨ということはありません。
一応ラストは救いがあるもくせになっています。

説明文とサンプルをみて気になるという人は手に入れて間違いないだろう。読み物としてもお勧めです。
今後も満喫にしております。

結構ヘヴィなM男さんでもきつい作品だとお思います。
作品説明に書いてあるように、直接的に悦楽を与えるような場面はほとんどありません。
完全エロ婦人上位による責めが展開されていきます。

痛い系、特に説明文に書いてあるシチュエーションに興味がある方は是非と言う作品です。

これはとんでもないマゾな人向けの作品です。
かなりヘヴィな物なので
相当な人でないと厳しいかもです。

エロ婦人ならではの拷問で
男性同士ならここまでしないだろうって
責めをされます。
(主に金蹴りと去勢ですが)

美人からの拷問を見て見たい人にはお勧めです。

全編に亘って牢獄のようなヒンヤリとした空気を感じることが出来る作品です。
肉体的だけじゃなく精神的にジンジン響く矯正と言う名の拷問が繰り広げられます。
その拷問のシチュエーションも目新しいものがあり、特に破滅願望が強いM男性はゾクゾクして楽しめる作品です。
今まで味わったことのない読後感、余韻を楽しめると思います。

おすすめの記事