鬼ヲ孕ム巫女

 

作品情報

作品名  
鬼ヲ孕ム巫女
サークル名
幻想グラフィックス

作品ギャラリー
Gallery






作品の詳細

-あらすじ-

その昔、
まだ鬼や妖怪の怪異が人里を襲っていた時代。

特殊な法力を習得した人間「魔祓い」が怪異と戦っていた。

巫女アヤメは代々魔祓い衆を治める家系の末娘であり、
家系の中でも稀に生まれる特に強力な力を持つ少女「魔祓いの巫女」として幼い頃から村を守っていた。

今度の任務は鬼の浄化。
捕獲済みの鬼を浄化する簡単な任務のはずなんだけど…、全ては鬼の罠だった。

鬼はあっというまにアヤメを金縛りにし、アヤメの体内に大量の精と自分の魂をぶち込む。
「俺様はお前の中で蘇り巫女の力を持つ最強の鬼として生まれ変わるのさ」

アヤメは鬼を育てるお母さん体としてそのカラダを鬼に作り変えられてしまったのだった。

-作品紹介-

当作は魔祓いの巫女アヤメが鬼の策にはまり鬼化することで始まります。

鬼に犯されボロボロのアヤメは村人達に助けを求めますが
「アヤメにクリソツた鬼」を「アヤメを食って姿を変えた鬼」と思い違いし逆に縛り上げられてしまいます。

「これほどに弱ってるならオラ達でヤっちまわねえか?」
「巫女様の仇だ!」
「ただ殺したんじゃあ巫女様が浮かばれねえ、とことん辱めてから始末しねえと!」

村人達は縛り上げたアヤメの服を剥ぎ見せつけ上げ、乳をまさぐり、罵声を浴びまくり、濃厚ザーメンを浴びまくります。

アヤメはこれまで守ってきた優しかった村人達の一変に恐怖しますが
「村の皆は私の仇だと思って怒ってくれてるんだ…」
と自分に言い聞かせ、抵抗せずに恥辱に耐え続けます。

しかし村人達の行動はどんどんとエスカレートし…。

-備考-

本作ではガッツリと大量に膣内射精の過半数が尻での射精となります。
「魔祓いの巫女はバージンを失うと力を失う」ため、アヤメの陰部は封印の護符で封じられており
鬼や普通の村人にはそれを剥がすことができません。

護符を作った和尚は護符を見てアヤメの正体に気が付きますが
もともとアヤメを犯したいと思っていたエロ坊主である為
アヤメの正体を知りつつも護符を解呪し、欲望のままにアヤメのバージンを奪います。

それ以降は両方の穴が使用されます。

-各シーン紹介-
  ・鬼の浄化へ向かうアヤメ。
  ・鬼にお尻穴を犯されるアヤメ。
  ・犯され続けたアヤメは鬼の濃厚ザーメンを体内に大量に入れられ鬼化し気絶する。
  ・目覚めたアヤメは仲間達に助けを求めるが鬼の瘴気で発情していた仲間達はアヤメを立て続けに犯し始める。
  ・正気に戻った仲間は鬼のアヤメを縛り上げ巫女を食った鬼として村で見せつけ上げ辱める。
  ・村人たちは鬼を懲らしめることを口実に立て続けにアヤメのお尻穴に挿入、射精していく。
  ・和尚により護符が剥がされアヤメのバージンが奪われる。
  ・和尚が口を滑らせ村人達は鬼の正体がアヤメだったことに気がつくが、
   アヤメがもう人に戻れず処分するしかないと知ると、今の内にそのカラダを味わおうと複数人で襲いかかる。
  ・魔祓いの当主(アヤメのお父さん)が到着し、アヤメは助けを求めるが当主は鬼化したアヤメを「一族の恥」として処分しようとする。
  ・お父さんに見捨てられたことで吹っ切れたアヤメは逆に村人達を襲い、精を吸い始める。
  ・自分に憑いた鬼を出産したアヤメだが、産道を通って産まれてきただらけの鬼に即犯される。
  ・鬼となったアヤメのその後

—————————————————-
キャラデザイン/原画/彩色
BRLL
・pixivID :1704605

■基本CG12枚
■総枚数…688枚
■差分込み本編…344枚
■文字なし本編…344枚

作品紹介に書いてあるあらすじの通りです。強力な鬼に尻を犯され鬼になってしまった巫女ヒロイン。
瘴気によって乱れた人間に犯され、鬼のパッと見のために鬼に恨みを持つ人間に瘴気関係なく犯され、正体が巫女だと気づきつつもヤりたいだけのエロ坊主に犯されとうとうバージンを奪われ、エロ坊主に唆された村人達に犯され…。それでも、心の片隅に浮かんだ憎しみの感情にとらわれず耐えていましたが、地位と名声を第一とするお父さんに、鬼に変えられた恥さらしとして祓われそうになったときに感情が爆発し、完全に心も鬼として覚醒します。
村人達を犯したり、自分の産んだ鬼の子達と交わりつつ人間を殺すように命令したりと、心まで完全に悪堕ちしてしまうのでした。

クズ市民シチュエーション、それによって人間に失望し悪堕ちするシチュエーションが好きな方にオススメです。

村のために戦ってきた巫女さんが、浄化失敗したことで鬼化させられ、守ってきた人々に犯されてしまう展開。

巫女さんの絵が可愛く、鬼化した後も始めは健気に耐えますが、とうとうは人間に絶望して悪堕ちという流れも好みでした。
鬼化した巫女さんはたわわな巨乳オッパイです。
ページ数のボリュームがあり、かなりコスパも良いと思います。

クズ市民系のレイプが好きな方々に大変オススメだと思います!

内容は自分が守ってきた、信じていた村の人に裏切られ最後には鬼の言うように落ちていくというものです。ある意味悪堕ちのような作品です。
すこしづつ心が堕ちていく流れもよかったのですが、特に挙句の果てに鬼のお母さんとなり完全に人間の敵となるのがよかったです。
また鬼の子とセクロスをし、戦果をあげた子には更なる褒美をというのも歪んでいてよかったです。
画力は勿論、質感がとてもいい。肉々しく艶やかな体は見ていてとても欲情します。
物語はバッドエンドの悦楽落ちですね。親しい人達からレイプされ、それでも悦楽を感じているさまは見ていてゾクゾクとしました。
悦楽落ちが好きで、尚且つモンスター娘好きの方には刺さる作品だと思います。是非手に入れてはいかがだろうか。
クズ村人達にに裏切られる系のオーソドックス悪堕ちモノですね。膨乳、淫紋、青肌の鬼っ娘となります。主人公がかわいく、テカテカ青肌たわわな巨乳オッパイがいい感じ。強い力を持っている!と言われてるくせに終盤までずっと弱弱しいアヤメちゃんが加虐心をそそらせてくれます。
鬼となった後のシーン、自分の子供たちとの教育したままヤるシーンではSっ気が強くなったアヤメちゃんが見れます。良い〆め方だったのでおすすめですね。

おすすめの記事