搾精学級(7)~性格最悪の女子しかいない学校で性的イジメ生活~

 

作品情報

作品名  
搾精学級(7)~性格最悪の女子しかいない学校で性的イジメ生活~
サークル名
搾精研究所

作品ギャラリー
Gallery










作品の詳細

転校生の僕(ウチダ)はとある田舎の校内に転校してきた。
しかし、そこは性格最悪の女子しかいないと評判の校内だったのだ!
エロ婦人上位のM向け逆レCG集!!!
搾精学級シリーズ第7弾!!

今度登場するのはアポカリ四天王の一人!変態暗黒文学少女ブスジマ!!

北校バレー部のエース、サンゼンインに執着するアポカリ女子のブスジマは
その歪んだ想いを伝えるために、ラブレター(気持ちの悪い怪文書)を渡すが
あまりのキモさに引かれて拒否されてしまった!!
ブスジマはサンゼンインを諦めきれず、空手を習うことを決意(その手で眠らすために)

そして二年後のブスジマはアポカリ空手を納め、レギュラーになる程の実力者になるが、
その変態性は増々エスカレート!いっつものようにスケベ小説を書いては、小説投稿サイトに投稿する
困った女になっていた!

おまけにその小説はエロと背徳にまみれた内容で彼女は小説のインスピレーションを得るためならば、手段を選ばず、
包茎チ〇ポを見るために、弟のパンツを下して、手コキ!とうとうは背徳感を得るために馬乗り騎乗で犯し始めてしまう!!

そんな狂気の女のもとに、同じアポカリ四天王キョウゲツからクルセイド計画実行のための任務が!
それは計画に必要な「物資」を調達してくること、そして、その任務に主人公ウチダを同行させることを
言い渡された!!

ブスジマは当然、公私混同する女なので、
同行したウチダとそれにくっついてきたカゲヤマを使用して、
自分の小説の実写版を収録するため二人を役者にすることに!!
渡された脚本はエロと暴力にまみれた暗黒作品!

ウチダとカゲヤマは性的欲求増強剤を塗りたくった体でセクロスしたまま全力演技をする!
しかし、ブスジマは演技が気に入らないと、割って入って、体を張っての演技指導!!
殴って絞めてセクロスまでして!とうとうはウチダをボコボコに!!

そして、カゲヤマと使用してサンゼンインに近づき、そそのかし、サンゼンインの家へ
そして、それぞれの暴露話や秘密を打ち明け、親密になるも、
それもすべてブスジマの計略だった!!!

自身の書いた小説の筋書き通りにサンゼンインを堕とそうと動き出すブスジマ!!
ウチダはブスジマの暴走を止めらるのか!!
そして、サンゼンイン、カゲヤマの運命は!!!

基本CG 24枚
ページ数 420ページ

長い。
基本CG24枚とは信じられず一覧サムネイル見返したほどです。
長く感じるゆえんはエピソード数の多さだろう思います。
本作は【四天王の根暗夢小説女】を主軸に特化しています。
一方で、その中では章分けが可能な段落が存在しています。
例えば、ヒロイン2-1【バレーボール部熱血少女】との因縁と言うか出会いのエピソードに20ページ前後を費やしています。
かと思えば、【根暗夢小説女】が自著を実写化すると言って主人公やヒロイン2-2らと淫行をするエピソードにも結構な尺が割かれています。
ちなみに、このシーンは【根暗夢小説女】の性的な性質が象徴的に表れています。
ねっとりと陰鬱にまとわり付く仕草が蛇のような印象を与える反面、お辞儀してるかのような猫背を加味しても見上げるほどのスリム体系と体術で迫り来る嗜虐的な逆凌辱はマジマジで死の恐怖を覚えるほどの強烈さで熊をも連想させられました。

とにかく、細分化すれば片手の指では足らない数の章を内包しているのが長く重厚になっている一因です。
そして、ヒロイン2-1【バレーボール部熱血少女】の格好良さが再認識されて惚れ直しました。

おすすめの記事