魔法少女ノーブル・ローズ/エクストラバッドエンド

 

作品情報

作品名  
魔法少女ノーブル・ローズ/エクストラバッドエンド
サークル名
No Future

作品ギャラリー
Gallery









作品の詳細

突然現れた悪の組織、エビルズアーク。
彼らの目的は、若いエロ婦人の体内にのみ存在し、壮絶イキとともに体外に放出される”魔力”を収集すること。
エビルズアークは街にバイオ兵を放ち、若いエロ婦人を襲わせていた。
街のエロ婦人たちはエビルズアークの恐怖に怯えつつ生活する日々を過ごしていた。

しかし、エビルズアークに立ち向かう者が現れた。
魔法のステッキを手にした早乙女舞華は、魔法少女ノーブル・ローズにチェンジし、エビルズアークに戦いを挑む。
圧倒的な力でバイオ兵を蹴散らしていくノーブル・ローズなんだけど――敵は魔法少女の弱点を知り尽くしていた……!

敵の怪人、触手、そして守ってきた街の人々に、魔法少女はレイプされる……
敗北しても、レイプされても、彼女の物語は終わらない。
何回も何回も、魔法少女にレイプの記憶が刻まれていく……

————————————————————————————————–

本作は、RPG「魔法少女ノーブル・ローズ」(RJ259103)の物語を一部変更し、CG集として再編したものです。
RPGでは一度敗北するとゲームオーバーになりますが、本作では、敗北しレイプを受けても話は続きます。
カラダを汚されても、ノーブル・ローズは諦めず、敵に立ち向かっていきます。
しかし、敵に何回も辱められ、今まで守ってきた人たちにも犯され、ノーブル・ローズの心はすこしづつ絶望に染まっていきます。
果たして彼女は、最後まで希望を捨てずにいることができるだろうか。

————————————————————————————————–

キャラクターデザイン・イラスト:有魚
シナリオ:端音乱希

基本CG12枚
立ち絵エロ6パターン
テキスト付き本編559ページ
文字なし版あり(セックスシーンのみ抜粋)

商品紹介にある通り、RPG版のノーブルローズをCG差分の紙芝居で再構成したもので、新規のイラストの描き下ろし等はありません。
ゲームではテキストとボイスで構成されたHシーンが、モノローグと吹き出しのセリフで構成されています。
また、ゲームでは戦闘→戦闘中Hシーン(立ち絵)→敗北(分岐)→敗北Hシーン(CG)→ゲームオーバーと、戦闘の勝ち負けで枝分かれする無数の分岐の先にあったHシーンが、今度は導入→戦闘中Hシーン→敗北Hシーン→事後、そして次のレイプ。といったひと繋ぎの物語になっており、作者様の魔法少女の小説シリーズに近い、ノーブルローズの心とカラダを追い詰めていくような、より過酷で絶望的な1本の物語になっており、ゲーム未プレイ者はもちろん、クリア済みの方でも楽しめるんじゃないかと思います。
様々なチェンジヒロインゲームに触れる中でも、
20本触れて1本あるかないかのチェンジ解除シチュ。
あるものでもせいぜい1シーンくらいだが、
この作品は多様なチェンジ解除シチュが見られて正にドストライク。

そう思っていた原作がCG集になったなら買うしかない。

とは言え正直CG集にSSがくっ付いてる程度だろうなあと思ったらとんでもない。

見事なまでの物語の再構成で、
無理なく原作の全CGを物語に落とし込み、
元々好みのシチュエーションの数々が一つの物語として繋がっているのはただただお見事。

友人との友情に関しては原作以上に強調され、
それだけにより悲壮感が凄まじく下手をすれば実用性はゲーム版をめっちゃえる程。

物語としてはタイトル通りバッドエンドなので、
健気に戦う魔法少女がひたすら酷い目に遭う作品が好みの人には心底オススメできる一作。

ハッピーエンドを見たければ原作をやりましょう(ステルスしてないステマ)

エロは雑魚戦闘員・クズ市民・ボス幹部・触手による輪姦レイプとなる。連発壮絶イキとチェンジ解除が複数あり、おまけにチェンジ解除後の状態でも長くシーン尺を採っているので、ボリューム・クオリティはレベルが高い。

なお、サンプル説明にあるように、サークル様の過去RPG作品「魔法少女ノーブル・ローズ」のイベントおよび立絵スチルを一本のビジュアルCGノベルとして再編集した作品である。それ故、ゲームクリア済のプレイヤーにとってはイベントの振り返りになるが、テキストと展開自体は工旦那を加えているので、真新しさもある。

さて、敵組織は魔力収集を目的としており、そのためにヒロインを犯しては魔力を奪い、力が戻り次第また犯すというキャッチアンドリリース方式で話は進む。結果、ゲームでは負けるとそこで終わりだが、本作では「生かさず殺さず」のあくどさが前面に出ており、ヒロインの健気さと敵組織の残忍性がより際立っており、敗北レイプの淫靡さが増している。さらに、クズ市民もレイプに加担するため、じわじわと信念と居場所を奪われてゆき、「早乙女舞華」としても追い詰められてゆくのが美味しい。CG集形式ではあるものの、シーン前の戦闘中エロやヒロインピンチの表現も逐一入っており、盛り上げに貢献している。

ほかに特徴として、シーンのシチュがゲームとは微妙に違っている箇所もある。例えば、ゲームでは竿役だけが犯している場面が、本作では衆人環視下での見せつけ者シチュに改編されており、この変更でうまく別のシーンにつなげるテンポの良い構成となっているのも評価できる。

ゲームでは可憐なパッと見に反して
拘束を無効化したまま火力で殴り続けるマッチョなヒロインですが
元々のシリーズではノベル作品いうこともあり今作では
ゲーム「ノーブル・ローズ」主人公である早乙女舞華というひとりの女子の脆さと強さがしっかりと表現されています

ゲームでは一度敗北をするとまんまゲームオーバーになりますが
何回も嬲られては立ち上がる健気な姿をみることができます
そして立ち上がるたび負けてしまい
ときに人間からも裏切られる舞華にはゲームにはない悲壮感があります

バッドエンドとあるように最後はお察しなのですが
こちらは護りたいものを「全て」ぶち壊される最後は
すでに滑稽で尊厳レイプの質が高いです

元となるゲームはやっていませんが、サンプルCGの主人公の可愛さに惹かれて買いました。
もとがゲームなので会話多めですが、Hシーンのクオリティはしっかり高いもので良かったです。
最初にチェンジ状態でヤラれ、連発壮絶イキでチェンジ解除後も手加減なくレイプが続くので、実質2人分楽しめるお得設計。
どこまでも救いのない内容で正にバッドエンド。
RPG「魔法少女ノーブル・ローズ」のCGにセリフを付けて物語を再構成したCG集です。
RPG版のシナリオに沿った話ですが、RPGではゲームオーバーになった敗北シーン後に開放されて…を繰り返したまま進むことになります。あれだけ犯されて立ち直れるメンタル強すぎです。
もう一人の魔法少女プリズム・シャーリーに関する過去についてはRPG版にないCGでした。(小説版の挿絵かもしれません)
RPG版プレイ済みでも、ゲームと重複するところはありますが、手軽に物語が楽しめるのでハマった方は楽しめると思います。

おすすめの記事