巨根殺しパイズリ 最強で負けなしの巨根を持つ男が爆乳しか取り柄のない格下女に敗北

 

作品情報

作品名  
巨根殺しパイズリ 最強で負けなしの巨根を持つ男が爆乳しか取り柄のない格下女に敗北
サークル名
バトルハメまくり敗北記録会

作品ギャラリー
Gallery











作品の詳細

男と女がリングの上でイかせあいをする競技、バトルハメまくり。
そのプ炉利ーグで一人の有望選手が大敗北を記録したときの物語です。

基本的には男側のVR目線エロ動画で話が進んでいきます。
また、男側の台詞もありません。
主人公になった予定で楽しんでいただければと思います。

主人公 灼熱男根・カズマ
 バトルハメまくり史上最強と噂されるデカチン1本を武器にデビュー以降負けなしで活躍を続けるスーパールーキーで、
連勝記録をどこまで伸ばすか世間が注目するなか今度、データ上では格下選手のアリサと試合をすることとなる。

対戦相手 乳監獄・アリサ
 めっちゃ爆乳を武器に戦うやらしいパイズリ使いの選手。めっちゃ爆乳以外に特出するような技巧はなく、やらしいパイズリが決まれば勝ち、決まらなければ負けというムラのある戦績で、毎年B級止まりとなっている。

※作中ではバトルハメまくりについての細かいルールの説明はありません。
暴力行動はNGで、性技によって相手を屈服指示したほうの勝ちと思ってください。

基本CG・・・7枚
文字あり・・・64枚
文字なし・・・64枚

ゲージが頭上に表示されていないバトルハメまくりものはあまり読まないのですが、タイトルに惹かれて買っちゃいました。

連戦連勝を重ねていて、地震に満ち溢れている屈強な男が格下の美人淫乱お姉さんのムッチリおっぱいに負けるという構図はソフトなM作品が好きな人にはかなり刺さると思います。

ムッチリおっぱいややらしいパイズリのワードをふんだんに使用した言葉の羞恥プレイや、めっちゃ爆乳を強調する表現がとても良かったです。
ところでどこにいけば乳監獄に囚われることができますか?

タイトル通りの内容で、相手の責めを受け止めて連勝してきた耐久力抜群の主人公が、たわわな巨乳オッパイ美人淫乱お姉さんにやらしいパイズリで搾り尽くされ、やらしいパイズリに弱いという弱点と敗北射精の悦楽を体に刻み込まれてしまいます。

耐久力がある分、何回もやらしいパイズリややらしいパイズリ濃厚フェラチオで悦楽を叩き込まれてしまうという、『相性最悪』な設定が良かったです。

彼女のムッチリおっぱいに挟み切れないほどの主人公のデカチンが、何回も何回もやらしいパイズリで壮絶イキさせられ、ふにゃふにゃになってしまう表現が、敗北感を際立たせていてすごくよかったです。

キャラのセリフ回しや言葉の羞恥プレイもグッとくるものがあります。
絵柄が気に入り、やらしいパイズリ好きなら是非、おすすめです。

貴重なバトルハメまくり物のCG集です。
pixiv funboxで掲載されていた物の完成版に当たります。

タイトルを読めばまんま伝わるかもしれませんが、
デカチンがめっちゃ爆乳に負けるという
バトルハメまくりの中でも、売れっ子のあるテーマを見事に表現してくれています。

バトルハメまくり=女のムッチリおっぱいに負ける
みたいな図式が思い浮かんでしまう自分のようなムッチリおっぱい好きのとんでもないマゾには堪らない作品となっています。

是非お手に取ってみてはいかがだろうか。

M向けのぱいずり同人誌。私は絵柄が好きなので買いました。pixivにサンプルがあるのでそれを見てから買うという選択肢もあります。基本的にはぱいずりが中心なのですが濃厚フェラチオや逆馬乗り騎乗などもほんの一部ですが収録されています。いわゆるバトルハメまくり系でもあります。ぱいずりが好きな人、絵柄が気に入った人はぜひ買ってみてください。
最強の男がやらしいパイズリで惨敗するシチュエーションも良いですが、
何より挿入絵の見せ方が上手いです。
やらしいパイズリのいやっぽい擬音や文字の大きさ、ここぞという所で距離が近くなったりと、本当に自分が侵されてるのでは、と錯覚する程の臨場感でした。

言葉攻め、やらしいパイズリで侵されたいソフトMな方には、かなりおすすめの作品です。

内容はタイトルまんまにという感じですが、冒頭に事態説明、巻末付近でその後を描いた際に一部やらしいパイズリ以外のプレイが存在します。

ある意味一発狙いの格下選手との一番を描いた作品ですが、ここまで連勝を飾ってきた主人公が自分の武器の特徴故に手足も出せないまま胸に蹂躙されてしまいます。

一度流れに乗ってしまった相手エロ婦人のイケイケな感じや後半に行くにつれて激しさを増すプレイの表現が素晴らしかったです。
セリフ回しもBFを意識した表現があり、臨場感的なものが楽しめました。

サークル名からしてこういう形態の作品が今後作られていくのだろうか、私、気になりま!(ゲフンゲフン)

おすすめの記事