ハーレム・リゾート~南国で巨乳美女達がご奉仕いたします~

 

作品情報

作品名  
ハーレム・リゾート~南国で巨乳美女達がご奉仕いたします~
サークル名
狼少女団

作品ギャラリー
Gallery








作品の詳細

日々の生活に疲れた男は
勢いのまま日本を飛び出した

南国リゾートで優しくと
大人の時間を楽しもうとしていたが

受付の淫乱お姉さんに提案されたのは
奉仕によって濃厚ザーメンを提供するという
リゾートのルールだった

男の楽園がそこにあった

望むシチュエーションを予約すれば
どんなことも可能となる世界

濃厚ザーメンを提供するだけで!!!

リゾートで出会う女はみんなドエロイ……!
ここでは欲望がすべて叶う

男たちはアクティブにの望みのままに
性行動に溺れていく……

このリゾートは天国だった!!!

●基本CG71枚!
●セリフ付き差分917枚!!
●セリフ無し差分枚128!!
●総枚数1045枚!!!

1900×1343サイズのドエロイCG集!

線画・塗り:狼少女団
脚本・構図構成・シナリオ:羽坂まう
イベント:狼少女団

※注意※
今作はめっちゃとんでもないボリューム作品となっております!
無理に1回で読もうとしないでください!!

タップリ時間をかけて
お満喫いただけます!!

============================
Pixivにて大量サンプル公開中

制作スタッフはすべて同じ人間による
姉妹サークル 狼少女遊戯団 も是非!
============================

今度の作品は狼少女団さんの作品の中で過去極上のボリュームでおくる南国ハーレムもくせになります。

テレワークをしたまま日々の生活を送る主人公。
そんな彼のもとへ国外リゾートの広告メールが届くところから物語は始まります。

リゾートに到着した主人公を待っていたのはウェルカム奉仕サービスから始まるS級のバカンスでした。

物語は主人公を中心に複数の観光客の視点で描かれていますが、
そこに登場するのは約20名のアクティブな女子達だらけ。
胸の大きな女子から小さな女子まで、美白肌な女子から褐色の女子、
水着の小麦色の肌痕が残る女子までとにかく盛沢山!

サークルの売りであるラブラブあまあまの純愛セックスから
複数の女子に囲まれたハーレムセックス(男性は常に1人で女子が複数人です)、
ローションプレイから自慰ショーまでシチュエーションも盛沢山な作品です。

常日頃からボリュームのある作品が多い狼少女団さんですが
特に今度は総CG枚数1000枚をめっちゃえるめっちゃ大作となっておりますので、
1日で全て読み切るもよし、複数回に分けて読み切るもよし
好きな女子を見つけて何回も楽しむもよし、満喫方はあなた次第!

さらに!
なんと本作品には冒頭の2シーン(総CG枚数200枚めっちゃえ)を読むことが出来る無料の試読版もあります。

さらにさらに!
試読版を購入された方には2021/06/29 23:59までではありますが
20%割引クーポンが配布中とのことです!
少しでも気になった方はぜひ狼少女団さんのページからご覧ください。

このレビューが少しでも皆様の購入の参考になれれば幸いです。

これは…?
と、思わずため息を漏らしてしまうほどの巨大作。
基本CGがなんと71枚。総枚数1045枚。数字をみるだけでも気が遠くなりそうなとんでもない的な大ボリュームの作品になります。
見ても見ても終わりが来ない。無理に1回で読もうとするなという紹介文の言葉はけして虚勢ではありません。一度に見ようとするなんて無茶ですし無理です。時間と余裕をもって挑むのが賢明な満喫方といえるだろう。
まるでめっちゃ豪華な晩餐をみているかのような作品でした。
注意に今度は長いから、とあるが、本当に長い上、差分も決してスワイプしたりスライドするたびに壮絶イキするというものじゃない。
ひたすらハーレムの女子たちとイチャイチャし続けていくので、じっくり楽しもう。

ただし本作は濃厚ザーメン提供リゾートに訪れる男性が複数人いる。最初に熱心に応じてくれる香織サンにクソ対応するおっさんや金をばら撒いて双子を侍らすジジイなど、いわゆる竿役も複数いて、彼らもハーレムリゾートを味わっているのがなんとも複雑な気分である。
基本的にたわわな巨乳オッパイ美人淫乱お姉さんだが、小さい子もいるし褐色娘もいるし、恋人持ちでバイトに来てる子もいる。場面転換で混乱するので、やはり優しく読むのがいいだろう。

エロさは文句のないすばっぽいものでした。コロナ禍の鬱屈を晴らす美人淫乱お姉さんたちとのセクロス浸りの日々!
僕も思いっきり肉欲に溺れたいなと思いつつ楽しませてもらいました。
ハーレムは一大ジャンルとなっていますが、これは独占欲を満たすというより性に開けっ広げになるというのが良いですね。僕としては爽やかな性の謳歌がツボでした。おすすめ

おすすめの記事