爆乳甘々兄妹哀2

 

作品情報

作品名  
爆乳甘々兄妹哀2
サークル名
しろいろ

作品ギャラリー
Gallery











作品の詳細

★あらすじ

――「二人のムッチリおっぱい!隷になる」

帆芦穂波と出会い試され、惑わされ、甘やかされ、
挙句の果てに穂波と椎菜の責めに屈しそんなことを宣言してしまった杏平。

後にその言葉に対する後悔の念に苛まれるが、
それでも二人の繰り返されるねちねちな甘々責めに
どうしても抗うことが出来ずにいる日々。
そんな時、偶然にも穂波と椎菜の後輩「幸坂舞耶」と出会ってしまう。

一方そんな杏平の妹、椛は兄の今までの苦労を労い
家計を助ける力となるべくアルバイトをしようと決めるが・・・。

椛のために生きてきた杏平と、杏平に守られてきた椛。
二人の示す兄妹の愛とは・・・・・・。
そして、杏平に対する穂波の真意とは・・・・・・。

*****

一作目のCG集、「めっちゃ爆乳甘々兄妹哀」の完結編です。

★CG集の内容、「やらしいパイズリ」「手コキ」「授乳」「乳首責め」「セクロス」等。
★M向け要素は80%くらいです。

★立ち絵4枚、基本CG20枚(Hシーン16枚)+立ち絵会話、テキスト、差分を含めた過去最多の総枚数『993枚』を収録!
(セリフ無しを含めば1467枚)
★簡易的な前回のあらすじもご用意しております。
★別途ファイルに後日談のおまけCG2枚も収録しています。他イラスト1枚、過去絵多数。

※PDF版はご用意しておりません。ファイル容量が大きいのでダウンロードせずだけのアプリでお満喫頂けたらと思います。

しろいろ/藤宮やひろ

先に申し上げておきます。
今度の自分のレビューでは、完結編の本作ではある程度先を知ってから買うかどうか決めたい……等の考えを持ってらっしゃる方のために、ネタバレ最大で語らせていただきます(作者様のコメントを見るに、終わり方の傾向について結構リクエストが有った模様なので、そういった方の気持ちを汲めたらなと思いました)。
逆に物語の本筋や終わり方のネタバレを回避したい方は当レビューは避けて頂けますと幸いです。








結論から言えば、見事なハッピーエンドを迎えました!!
前の作品にてムッチリおっぱい!隷宣言をした主人公でしたが、意外と言えば意外、やはりと言えばやはり。この男、気合と根性のある男だった様ですw! 彼は改めて、椛を最優先にする決断を下します。
勿論そこで屈して欲しい! 的な意見があるのも分かります。しかし自分は、やはりこういう男に惹かれます。悲哀を背負って力へと変える英雄性。その一端を、杏平もまた持っていたのだと感じられます。
ただメインヒロインの穂波ちゃんについては彼女もまた報われた終わり方なのですが、他二人についてヒロインとしては置いていかれた感がありますね……。おまけでもその二人がほんの少し愚痴ったりするシーンもw
めっちゃ身勝手な意見でありご指摘があれば即削除しますが、次回作とかあったら椎菜ちゃんなんかと「”妹”の座」を賭けて主人公を取り合うやらしいパイズリ合戦とかありじゃないだろうかw!

また一応なのですが近親相姦要素があります(※ガッツリと大量に膣内射精・受精はないです

やらしいパイズリについてはとんでもないねっとり、最早、うん心配すんな! としか言いようがありませんでしたw また新ヒロインには母乳が出る要素もあり、エロさにはもっと磨きがかかっております!

一作目からの続き。前回かなり救いがなくそれでいてエロイ終わり方でありまして、おまけに氏の作品的に今作はまあかなりエグイバッドエンドかな……って勝手に思ってました。
実際今作丁寧丁寧に堕ちる表現描かれてまして、道中、ああ、これは……ってなってしまいましたし。
そういう意味ではかなり意外な結果となりました。エロイのはさすがって感じでもありますが。
とにかくムッチリおっぱいいっぱいなのは変わらずです。
前の作品のめっちゃ爆乳甘々兄妹哀は次回作を匂わせるような形で終了していましたが、今度はその続編となります。

内容としては、前の作品で完全に堕ちてしまった主人公ですが、今作でも多くの女子たちがあの手この手で主人公を陥落させようとしてきます。

絵は安定のかわいさであり、とても綺麗であり、物語もとても面白い内容となっているので、めっちゃ爆乳甘々兄妹哀もセール中でお安くなっていることから、合わせて手に入れてみてはいかがだろうか?

前の作品「めっちゃ爆乳甘々兄妹哀」の続編でよあり、完結編になります。

前の作品同様、主人公は、妹の友人たちからお小遣いとザーメンを搾り取られる立場に追いやられますが、今作では友人がさらに増えて兄に襲い掛かる上に、彼女たちはとうとう妹バレまでしかけます。しかしたまま結果的にこのことが、妹とのわだかまりの解消に繋がり、さらには主犯格だった穂波の真意が明らかとなると、急転直下和解して新たな関係が始まります。

以上のような展開なので、前の作品で敗北してしまった主人公が、今作では最後に全てを取り戻すだけでなく、妹やその友人と新たな関係に前進するなどハッピーエンドを迎えられたので、読後のカタルシスや満足度はとても高いです。

美麗なイラストや大量の言葉の羞恥プレイは、今作も健在です。前の作品を気に入った方、続きが気になっていた方は、ぜひともこの完結編を読んでみて下さい。なお、前の作品を読んでない方にとっては、今作だけ読んでも物語がわかりにくいと思うので、順番通りに入手することをオススメします。

前の作品であるめっちゃ爆乳甘々兄妹哀がとても好みだったので発売を満喫に待っていました。前の作品もHでいいのですが、あらすじ付きなので単体でも楽しめるかと思います。
かわいい女子達が妹として主人公を甘やかしていくといった内容が主で、やらしいパイズリ、逆凌辱、言葉の羞恥プレイなどが好きな方には、そういったシチュエーションが豊富なためオススメですね。ヒロインの多数がメートルめっちゃえのムッチリおっぱいをお持ちのため、ムッチリおっぱい好きにはたまりません。
もちろん全シーン使えるわけですが、物語がしっかりしていて物語としても楽しめます。自分は思わず最後まで読んでから抜いてしまいました。
藤宮やひろさんのムッチリおっぱい攻めの表現は昔から好きで、買ってよーしぬきぬきするぞーって思ってみたら驚きました。
途中から主人公やら登場人物に感情移入しちゃってめっちゃ物語を楽しんでしまったので抜くどころじゃなくなってしまいました。。。それくらいにはエロだけでなく物語も楽しめるようになってます。お得。
だからといってエロが手抜きかというと決してそうじゃない、というかむしろ性癖の暴力レベル。さすがのムッチリおっぱい責めに堕としにかかるような甘やかし表現、そりゃ欲情しますわ、、、勝てるわけないですねあんなの食らったら。。。見ててすごい背徳感を覚えました。
満喫方は人それぞれだとは思いますが、自分の場合は一回最後まで物語を見終了してからエロを満喫ました。
とても良かったです。

おすすめの記事