敗北の戦乙女たち

 

作品情報

作品名  
敗北の戦乙女たち
サークル名
DameDungeon

作品ギャラリー
Gallery











作品の詳細

魔王軍との戦争に敗北し、その場で裸に剥かれ、
徹底的にマワされ、敵兵の子を孕まされ、
人間牧場に連れて行かれた、歴史に名も残らぬ大勢の戦乙女たち――

当サークルの世界観では、
1000人の部隊が全滅すると、戦乙女は100人が戦死、200人が捕虜となります。
そんな捕虜となった女騎士・女兵士の結末をえがくカラー/モノクロCG集です。

基本CG 16枚 :カラー7枚/モノクロ9枚
(Hシーンのみの枚数)

収録全CG 684枚
(イラスト差分・セリフ差分・拡大縮小・文字なし版・
 非エロシーン・演出上の再配置などをすべて含む)

今作はHTMLなしで、CGのみの作品となります

ボリュームが凄まじいです。
女騎士三人と女兵士二人。徹底的にレイプします。
くどくならないのは女騎士の時はは奮戦も描きつつ世界観を説明し、くっころを演出。そして人間牧場でしっかり苗床化&出産。女兵士の時は女騎士で説明した世界観を下敷きに手早くレイプに移行と緩急がついているからだと思います。
ダークファンタジーの薄汚れたレイプ劇。独特の雰囲気が構築されており、とてもエロく、そして面白い。人間も魔物もこの世界で生きている。そんな事を感じさせてくれる良い作品でした。

オススメ!!

エロは異種レイプであり、オーク・ゴブリンによる孕ませである。戦争捕虜・人間牧場・出産苗床が基本であり、エロさと残忍さは相当のものである。いわゆる「くっ殺」ジャンルであるため、ヒロインの台詞や導入はその雰囲気作りに忠実である。
お堅い女騎士のイメージ通り、最初に犯されるシーンではバージンである・あったことを強くプッシュした表現となっている。ほかにも、戦は神聖なものと主張する捕虜騎士に、戦にそんな綺麗事などないとだらけに教え込む凌辱もある。
スチルも場面にふさわしい描き方になっており、ヒロインたちの引き締まった腹筋や肉体がパンパンになるほど膨らんでおり、断面図では魔物の濃厚ザーメンや赤子で満たされていることが示される。一枚のスチル絵の中に、無造作に並べられた女捕虜たちのシーンも複数あり、サムネイルから想像できるシーンの連発は期待通りで嬉しい。

戦争という事態設定もうまくキャラクターと結びつけられている。顕著な例が「女騎士B」のエピソードである。ヒロイン「女騎士B」は、相手魔王軍に対し、首を刈り取る趣味を持っている。戦争という異常事態でヒロイン側も危うい存在となっていることが窺える。当然、とっ捕まって犯されるわけだが、そこでの魔物たちの手加減のなさは復讐も兼ねており、残忍だけど理解が出来るという展開となっている。戦争事態だからこその人間・魔物という道具立てをうまく料理し、エロとしては戦火シチュ+逆襲セックスをブレンドして描いている。この無駄のない構成は読みやすく、評価できる。

おすすめの記事