悪女が撮ったAV -マゾ男優の、関係者の皆様へ-

 

作品情報

作品名  
悪女が撮ったAV -マゾ男優の、関係者の皆様へ-
サークル名
傾向音

作品ギャラリー
Gallery








作品の詳細

―――マゾ男優の、関係者の皆様へ

怪しいタイトルのメール。
本文には、AV紹介ページのリンクが貼られていた。

見たこともない女優が飾る不審なパッケージ。
だが何よりも気を引いたのは、その女優に責められている男優が
俺の勤める会社のマネージャーだったことだ。

どうしても気になって、俺はそのAVを手に入れてしまった。

作中で、マネージャーはどういうわけか極端に射精を恐れていた。
まるで濃厚ザーメンとともに大事な何かを失ってしまうかのように。

女優はそれを利用し、彼に限界をめっちゃえた辛抱をさせつつ崩壊へと導く。

それがこのAVの大まかな内容で、
気づけば、俺はその全てにくぎ付けになっていた。

なぜ俺にこれほどのものが送られてきたのか。
なぜ知人が出演しているのか。
なぜ彼はあんなにも苦しみ、あんなにも性的興奮そうなのか。
なにひとつ、わからないまま。

結論を言えば―――
俺の人生は一変することになった。

AVを見るたびに犯される男優に対する憧れが強くなり、
定期的に送られてくる続編を待ち焦がれる日々が続き、
そして最後に、してはいけない決断をしてしまった。

君もこのAVを手に取る際は気を付けてほしい。

彼女たちは、もう探しているかも知れないのだから。
次の対象。
新たな、マゾ男優の候補者を。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
■基本CG 15枚
■物語CG 124枚 (基本15枚 + 差分103枚 + 文字のみ6枚)
■全体CG 249枚 (物語CG 124枚 + 文字なしCG 124枚 + タイトルCG 1枚)
■画像サイズ:1920×1080 (タイトルCGのみ 1600×1100)

今作は悩殺、洗脳、破滅、一時の悦楽じゃなく自身の未来までも犠牲にし、アクティブに破滅したい・・・、そんなとんでもないマゾな方向けの作品となっています。
このサークルさんの作品に登場する悪女様たちは、男を掌握し、洗脳し、壊す術をパーフェクトに心得ており、網にかかった哀れな男たちは為す術なく食われるだけです。

今作も始めから勝ち目のないゲームのようなもので、悪女様たちに絡め取られあっさりと破滅させられちゃいます。
作品にどっぷりと浸かってしまうような人は、性癖を歪められてしまうかもしれません。

謎のAVからはじまる破滅への物語

見知ったURLから届く謎のリンクから、主人公(われわれ)の好奇心を煽るように構成されたマゾ向けAVに自分をかさねてしまい後戻りできないところまで堕とされていく。
プレイは男性受けのものが大半でもちろん逆転はなし、タグにある通り洗脳分も十分でラストはここちの良い破滅感をあじわうことができる。(個人的に好きなプレイは画面越しに直接ランジェリ~をチラ見させられて煽られるところでした)

全体的にひとつの画面に映る文字数が多く、伝わってくる雰囲気は十分な反面手軽にさっと抜きたい人にはもしかしたらまどろこしく感じてしまうかもしれない(?)絵のタッチは柔らかさや表情、質感が伝わる丁寧なもので表情差分も細かくとても良い○。

傾向音さんの作品の中では「催眠悪女 -尋問官に堕とされた諜報員の話-」に近いものがあるかもしれません。

色仕掛けや悩殺、洗脳や焦らされるのが好きな方には特におすすめです

おすすめの記事