搾精病棟(8)~性格最悪のナースしかいない病院で射精管理生活~

 

作品情報

作品名  
搾精病棟(8)~性格最悪のナースしかいない病院で射精管理生活~
サークル名
搾精研究所

作品ギャラリー
Gallery








作品の詳細

一部問題のあった点を修正し、販売を再開しました。

事故で両手を骨折した僕。
本当は僕は「3時間おきに射精しないと玉が痛くなる」奇病をわずらっていた。

なので入院先の病院で看護師さんに搾精してもらうことに・・・

しかし、その病院は性格最悪の看護師しかいないことで町内でも有名な病院だった!
搾精病棟シリーズ第8弾

今週の担当看護師は3大お局の一人、めっちゃサイコパス看護師、テンドウさん。

僕の前に現れたのは
場もわきまえずに大爆笑するテンドウさん。

僕の奇病に興味を持ち、チ◯ポ見せろと迫る。
そして、いきなりの濃厚フェラチオ!

まんまお口にどっぷりとザーメン大量射精した精液を味わい、
僕の亀頭を責めて、噴水のような潮吹きを見て、またまた大爆笑!
どうやら僕が面白いからオモチャとして気に入ってしまったみたいだ。

本当はテンドウさん、この病院の実質の権力者、看護師長の妹さんだった。
だから、誰も彼女の振る舞いを注意出来ず、テンドウさんはやりたい放題!

そんな時、町内のレストランで食依存症事件が発生。
沢山の急患患者を受け入れた病院は大変な騒ぎになった
看護師さんたちは必死に勤務するが、

常日頃の長期勤務からタチバナさんが過労で倒れてしまう!
タチバナさんの看病をするヤマグチさんと僕・・・

そこに不気味な笑みを浮かべたテンドウさんの影が忍び寄る・・・・

時を同じくして、この病院の女医、アマミヤ先生が僕の奇病を研究したいと看護師長に
掛け合っていた。
そして恐ろしい陰謀に僕を巻き込むことを企み
物語は核心へと動き始める・・・

基本CG 19枚
総ページ数 247ページ

■使用素材
「きまぐれアフター」
「佐野俊英が、あなたのだけ劇画マンになります(SN:GJ0382956)」
「ぐったりにゃんこのホームページ」http://guttari8.sakura.ne.jp/
「MoonWind」 http://moonwind.pw

今度のメインキャラクターはサイコパスな看護師さん。ヤマダは常日頃から以上にめちゃくちゃにされてしまいます。
これまでに登場してきたキャラクターがマシに思えてしまいました。
キャラクターの人間関係がどんどん見えてきて、続きが待ち遠しいです!
3大お局最後のテンドウさんは、今までの看護師のように性格が悪いとか、サディストとかと違って完全に頭がおかしい。
ヤマダ君がそんな彼女のオモチャになって、潮吹き、スカトロ(尿)、首閉めセクロスされてしまいます。
そして、タチバナさんと距離が縮み、クロカワさんから嫉妬され、「例のアレ」に応用されてしまうみたいです。
例のアレとは何なのか、どうやらただのブラック病院じゃなく裏があるようで、今後の展開が気になってしまう作品でした。
作者さんがかなりのスピードで高クオリティな作品を生み出しているのは分かります、しかし、それでも待ちきれない!続きが気になります!次はどんな女子が出るか、そして今作でかなり伏線がばらまかれました!まじではよう続き出してええ!
さて、今作のヒロインはテンドウさん。なかなかのサイコクレイジーな娘です。言動もクレイジーつつ、おしっこをヤマダくんの顔全体にかけたり、ヤマグチさんタチバナさんに手加減なく制裁を加えたり、マジ切れしてヤマダくんを殺しかねないプレイをしたりと・・・あと、看護師長がよもやのお姉サン!? お姉サンは三白眼で小さい黒目のキャラで、万人が好むかわかりませんが、自分は見てみたいですね~。
さて、今作も評価を上げるキャラがいます。院内が食依存症で忙しい状態となり、ヤマグチさんは焼き肉おごるからふんばってくれと後輩を激励したり、タチバナさんがかなり頑張ってきたことや、過去のトラウマも間違いなくなり、1作目の伏線が回収されました。
そして今作にしてヤマダくんの評価が上がりました! タチバナさんを優しく看病して評価が上がり、骨折した手でテンドウさんに怒りの一撃を食らわせ、漢をあげました!!
作者さんのキャラの引き立て方に魅せられます。
物語としてめっちゃ楽しませてもらいました。

ヤマグチさんとタチバナさんがすごく頼れるというか
良い先輩感だなーと思ったり、新人2人といっしょに
ヤマダがお風呂にふつうに入っててエロシーンでないこと
に笑ったりしたまま読んでいます。

アマミヤ先生に関するイヤラシイシーンわりと期待
しているんですがどうだろうかね・・・

今度の話で一気に急展開を迎えました。前から以前精処理に来た看護師がちょこちょこ登場して常日頃の職場の人間関係アルバイトがありましたが、それが今活きてきている。章ごとに入れ替わり立ち替わり現れる性悪看護師達ですが今度はお局組というさらなる強敵に主人公ヤマダと団結し始めまるで週刊少年ジャ〇プのような熱い展開に抜くのを忘れてしまう始末。
ちょい役だと思った2人ニの子や名前だけ出ていた先生が登場したりと次が気になって仕方がありません。ヤマダ君の奇病も今後の話の鍵になりそうで最終決戦へ向けて話を描き進めてあるんだなぁと寂しさもあります。近年のワンパターンなシチュ、キャラのエロCGに辟易していた私の頭を助走の付いたプ〇穴デラックスでぶん殴ってくれた作品です。最後までお供させてください。個人的にはクロカワ編の意地悪なお嬢様患者の再登場に期待していたり…
定期的に射精しないと玉が痛くなるという奇病におかされている主人公が、個性豊かな看護師に抜かれる作品……搾精病棟の第八弾です。
今作は狂気を振り撒く看護師、テンドウさんが登場します。
これまでは性格が悪いとはいえ、一線はわきまえていた看護師たちですが、彼女はそれをいとも簡単にめっちゃえてきます。

また、お局組vsタチバナ組の衝突が目に見える形となり、ますますドラマとして面白くなってきました。
彼女たちの主人公との関係も変化してきたり、少年漫画的なアツさが見えます。
エロCGの枠をめっちゃえた物語に、今からも期待してしまいます。

おすすめの記事