黒ギャル先輩と温泉生ハメ旅行

 

作品情報

作品名  
黒ギャル先輩と温泉生ハメ旅行
サークル名
まどろみ行灯

作品ギャラリー
Gallery









作品の詳細

「先輩付き合って下さい!」
「・・・」

数分前
罰ゲームで好きな子に告白しようぜ
クラスの!らと飯食ってる時に誰かが言った
何となく俺も参加する事になってて
そんで負けた

「マジで告白してるよ」
「あの先輩いやらしいな…」
「あんな美人無理だわ」
後で隠れて見てる知り合いが好き勝手言ってる
俺だって無理だと思ってるよ
ダメ元でがんばってんだ
「んー…付き合うねえ…」
今すごく後悔してるけど
返事が怖い

「キミ温泉好き?」
「え?はい、人並みには…」
「私も好きなんだよね~温泉」
「はぁ…」
温泉?何の話だ?
「今すごく温泉の気分なんだよねえ」
こっちをチラチラ見てくる
「温泉行きたいな~温泉ならな~」
何かを待っているような…あっ!
「温泉に付き合って下さい」
「いいよ♪」
「「「はぁあああああああ!?」」」
隠れて見てた!らが悲鳴を上げた
こうして俺は先輩と付き合う事ができた
あくまで温泉にだけど

数日後
「うわ~!景色すごーい!」
「喜んでもらえて良かったです」
バイト代は無くなったが後悔はしていない
先輩は窓から見える景色を楽しんでいる
少し高い窓の手すりに体重をかけている
つまりこっち側の視点だと
尻を突き出してる姿勢だ
でっけぇ…
それに後ろからでも分かる
胸もすごいでかい
ほんの少し勃起してきた
先輩があっち向いててよかった
欲情するなというのが無理だ

ふと思ったが
今部屋には俺と先輩しかいない
そもそも男女で一部屋予約してる時点で
旅館の人達もそういう事だと思うはず
だからもしここで
俺が先輩とそういう事をしても
何もおかしくはない
何もおかしくないんだ…
「キャッ」

気づいたら俺は
後から先輩に抱きついていた
勃起した部分も先輩のお尻に当たってる
やばい
勢いでやってしまった
「何?ヤりたいの?」
しかし先輩は別段嫌がる事もなく
むしろあっさり受け入れてパンツを脱ぐ
「いいよ、温泉前に軽く運動しよっか♪」

これを境に飯と温泉以外の時間
朝も夜も温泉にいる間ずっと
先輩と生挿入セクロスをし続ける事になる

やらしいパイズリ、馬乗り騎乗、立ちバック、無責任たっぷりと大量中出し、受精
基本CG11枚、台詞の有り・無しとサイズを二種類用意しております

オタクにも優しい理想の黒エロギャルって感じで非常に良かったです。
サバサバとしていて遊び感覚でセクロスしてくれて、ついでに甘やかしてくれる、そんなすばっぽい作品です。
ついでにアメスク風の衣装やトランジスタグラマーな体型、ギザ歯などが個人的な性癖にどストライクでした。こういう作品がもっと増えてほしいですね。
素晴らしく肉付きの良い、そして物凄まじい露出度のあっけらかんとしたエロギャル。つまりはオタクの理想が結実したようなヒロインとセクロス漬けの一泊二日温泉旅行を楽しむというあまりに幸せが過ぎるCG集。アクティブにセクロスを満喫、オタクくんとコミュニケーションの歩調を合わせてくれる。最初から最後まで一切ストレスになる要素のない、ヒロインを好きでい続けられる良いつくりでした。

おすすめの記事