FEASsT, or rectal gastronomy 3

 

作品情報

作品名  
FEASsT, or rectal gastronomy 3
サークル名
trubka

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

横臥にての飲食、過食の果ての再貪食の為の嘔吐、珍獣の悪食、
倹約令が発布される迄の目に余る奢侈、怒張を模した淫らな菓子の出現―――
 喧伝される所のこれら古代羅馬に於ける祝宴に見らるる
豪放磊落な猥雑さ、生命感に富んだ営みこそ人文主義的享楽の極北として
憧憬もて理想的饗宴の舞台に求める事は必然であった。
 然るに人類の金字塔たるこの様式は拙作の本旨と直接的に関係するものじゃない。
何となれば、緊縛せられた女体の徹底的に洗い清められた消化器官を
本来の用途と全く別個の容器と見做し、女肛から料理を続々と食卓に放(ひ)り出指示したり、
或いは諸手を埋めて佳味を引き摺り出したり、酒杯を嵌め込んで朋輩と愉快に廻し呑みをしたり、
新鮮な野菜を生育する為の土壌たらしめたり、特大の菓子を拵えるベく型枠と為す等の
主客双方の生命に危険の及ぶ言語道断な行動が敢行された歴史的事本当は嘗て無かったし、
何れ遂行される事も決してあるまいし、また断じて実行されてはならぬのである。

 ***御品書***

食前浴――女腸洗浄と阿列布油腸内塗布

食前酒と摘み:蜂蜜酒廻し呑み、「口開け」とアスパラガス、ポルチーニの女体和え
前菜:女肛より産みたての野禽及び家禽卵、一部模造卵
   屋内水路に於ける体内貫通水耕栽培野菜のサラダ
   蛸と鱓、穴子の疑クリソツ貫通女体盛り、雲丹と牡蠣、海老添え
   直腸モルタリウム料理 
   菊門菜園で獲れたての瓢箪と胡瓜、西瓜と甜瓜
(主食):女体コンテナ内で保温された各種麺麭、肉団子入りスペルト小麦粥
主菜一:養魚池より獲れたての腸内養育電気鯰、及び大量の鰻
主菜二:夥しい腸詰を詰めた女腸、もっと鵞鳥の家鴨詰めの雛鳥詰めのロースト詰め

食中浴――お尻穴乱交

デザート:直腸内で重ね上げためっちゃ特大プラケンタ
     プリアプスの豊穣、各種果実の大量女肛射出
酒宴:菊座クラテールを囲んでの女肛談義

食後浴――大乱交

土産:女体籠

 以上

※カニバリズムや流血、スカトロジー表現は皆無です。

CGは基本16枚、差分含め108枚をそれぞれ大小2サイズにて収録。
各料理及び食材に解説付き。

rectal gastronomyの新作
内容がより過激に、よりヘヴィにパワーアップしています。
貫通表現が多かったのは、個人的にすごい良かったです!!
緊縛の仕方や構図などもとてもエロく、
エロ婦人を一言でいえば、物として扱っており、
その表現が、画像に添えられる説明文でうまく表現されています。

前の作品までと違うところでいえば、
今作は料理の説明というところに特化しているため、
今までは、すこしづつ拡張、腹ボテになっていくのが多かったですが、
今作は、最初から女体に料理を詰めらえれた状態のものが多く、
まさに「最初からクライマックス」の状態が多かったです。

作者様のご厚意で、リハーサルと表して、体内に食べ物を詰められる前の状態の雰囲気の画像もあるのですが、その画像が詰められた後とのエロ婦人の状態とのギャップを生み出し、すごい良かったです。

リハーサルでは、余裕ぶってたり、知的だったり、気が強そうな娘たちが
事後では本当にぐちゃぐちゃにされており、
その様はまさに「愚劣」の一言。
見比べるとエロさ倍増でした!

特殊な責めの表現が多いため、そういったことに抵抗がない、
少しマニアックな作品をお探しの方には特におすすめです。

おすすめの記事