クラスメイトはバイブがお好き

 

作品情報

作品名  
クラスメイトはバイブがお好き
サークル名
softhouse-seal

作品ギャラリー
Gallery





作品の詳細

■間宮彩月は大人の玩具のコクレクター
他の人には内緒で色々集め、自分でもテストていた。
しかし、心の中では誰かに自分に使用して欲しいという願望があった。
そして、ひょんな事からその事を知ってしまった主人公に
自分で集めた玩具を使用して欲しいとお願いするのであった。

■今作品は玩具を使用したプレイをメインにしたCG集です。
学園や登校途中の電車の中等、様々な場所で玩具プレイを
お満喫いただけます。

【あらすじ】
スカートを覗き、今日使用している玩具を確かめて楽しむのが最近の日課だ。
なぜ急にスカートの中が見れるようになったのか……そこはたいした問題じゃない。

パンツを見たら、覗いた女子がローターを使用していた。
ここが重要なんだ!

「……もしかしてお前、今、ローターを付けているのか……?」

「どどどどどどどどうしてそんなことを――っ!!?」

大慌ての彼女も俺と同じ変態のようで、
玩具をこよなく愛しているが、怖くて使えなかったっぽい。

なら俺がその恐怖を取り払ってあげるんだ。
俺が厳選したマイ・玩具・コレクションで!

そして一緒にいろんな玩具を試すんだ!

基本CG:20枚
文字差分:272枚
文字無し差分:98枚
総合計:390枚

■原画家
SeN

エロゲーのイラストを纏めたCG集。
セリフありとなしの差分があるので、エロイラストを見たいけれどゲームをするのは面倒という方でも楽しめます。
イヤラシイオモチャ大好きな女子たちのストーリ~でほとんどのセックスイラストで玩具や玩具がぶっ刺さっています。
レズプレイも少しだけあってお得感があります。
露出プレイ、羞恥プレイが好きな方におすすめです。
Hに興味津々で大人の玩具を集めている女子に様々な道具を使用してHなことをしてしまうストーリ~。
玩具やローター、尻穴玩具に電マやクスコなど、様々な道具を使用して様々な所でHをしちゃいます。
露出プレイがやや多めで、女子が恥ずかしがりつつも欲情を堪えられずに大興奮してしまう姿が楽しめてとても良かったです。
ヒロインは2人居りますが、最初はおとなしめの子で、教室、
ファミレス、電車、公園などで玩具調教をされます。
そのあとは屋内ですが、目隠しHややらしいパイズリ、尻穴Hを行いますが、
ほぼ玩具は入れたままです。

次は強気の女子で逆凌辱されますが、本当はバージンです。
尻穴の玩具やクスコを使用してプレイを行います。

最後は女子二人で玩具プレイ。

全体的に尻穴が多い作品でした。

CGが多くて文字数も大量なのでめちゃボリュームがあり尚且つ玩具での表現がエロ過ぎる内容でございました。
作品全体的に玩具でのHといった感じで玩具でプレイしてガチH挿入とかおまんこに玩具を挿入したりのプレイや、喫茶店や電車、夜中に外で露出して玩具行動など、ハラハラドキドキ過ぎるシーンがてんこ盛りでめちゃ楽しめました。

玩具が多めではありますが他でのプレイもあり、個人的に大好きなのが、クスコという産婦人科で使われる道具で、おまんこを拡げてマンコが丸見えの状態での尻穴セクロスがほんとめちゃエロ過ぎでしたね、凄まじいプレイでしたわw
あと女子同士のHも一つだけあり、なによりもそれが一番良かった、めちゃ太い道具でそれぞれのおまんこに挿入して絡み合う女子二人がもうちょーーーーエロかったです、あれはたまりませんよっ!!!
とまぁ大欲情したままレビューを書いたわけですが、それくらい欲情できるCGの数々なのでめっちゃお勧めですね。

道具を使用したプレイが好きな娘とその娘が好きな娘やドSの娘とセックスする作品。
結構変態的なプレイも多めで、ぬるいプレイに飽きた人にはもってこいの作品に思えます。
ただ、そのプレイにはいくつか社会的に立場を失うようなプレイもいくつかあり、作中では電車で乗り合わせた人にヒロインが何がしているか感づかれているシーンがあるため、社会的地位を失うほどの羞恥プレイは見たくない方にはお勧めできません。

主人公は半分屑男なので好みは分かれるかもしれません。

ですが、レズプレイや野外露出+玩具+濃厚フェラチオはエロイので気になった方は手に入れてみてはいかがだろうか。

作品に登場するヒロインは、髪を染めている弥生と一見すると清純派な感じのある彩月の2人です。

2人は面白いことに、性オモチャが大好きで大好きで溜まらないという性癖を持っています。
今日もひそかにとローターを使用していたら、そこを同じ変態属性持ちの主人公に知られてしまいました。
それがきっかけとなり、色々とHなことをする羽目になったようです。

どれだけ性オモチャが好きなのかを調べてみたところ、作品内では必ずと言っていいほど使用していたため、相当なものであることが分かりました。
実際、性オモチャなしで性行動をしているシーンは2箇所だけでした。
弥生が自身のパンツらしき物を主人公の男陰部に装着して扱いているシーン、バスルームで彩月とセクロスするところなどです。
ちなみに、バスルームで使用したローションとパンツもターゲットに加えれば、全てのシーンで性オモチャを使用していることになります。

おすすめの記事