地下室のシスター~快楽調教10日間~

 

作品情報

作品名  
地下室のシスター~快楽調教10日間~
サークル名
傾世遊庵

作品ギャラリー
Gallery






作品の詳細

「もうやあ゛あぁああ!!ゆるしでぇええッもうイキたぐない゛いぃい!!」

たったひとり、古びた教会で勤務するシスター「シャロン」。

ある日、製薬会社に土地が買収され、生まれ育った教会を守るには大金が必要になってしまう―
金銭に乏しい彼女に提示された条件は「新薬の治験」に協力すること・・

他に選択肢もなく承諾した彼女に襲い掛かる「10日間」の性的欲求増強剤調教―!

地下研究施設で「治験」とは名だらけの「レイプ」は過激さを増していく・・
純潔は散らされ、信仰はどろどろに蕩けていく・・!

腋も、おなかも、足の裏も、
開発されきったカラダは手加減なく責め立てられる!

10日間の悦楽地獄・・その先に待ち受けるものとは・・?

「今日は色々データ取りたいからさー、100回イクまで頑張ってみようか!」

シスターさんが、「性的欲求増強剤漬け」にされて犯されまくるストーリ~です。
責め方がいちいちねちっこく、めっちゃレイプする他に「淫具」や「触手」など…バリエーション豊かに責められすぎます。
その責めを受けて壮絶イキし、トロ顔になるのがとても良いですね。
目がぐりんとなるイキ顔とはまた違った良さがあります。
レイプ、淫具責め、機械姦、触手など…あらゆる方面に対応した作品なので、どれが一つでも好きならば是非ご購入を。
エロはレイプ調教であり、性的欲求増強剤で悦楽漬けにしてドすけべ淫乱体質に変えてゆく。プレイは輪姦・触手のほか、触って開発するタイプが多く、ヒロインは筆やブラシなどで絶え間なくいじくられる。それ故、くすぐりシチュや連発壮絶イキも表現が多い。

「シスター」という属性もうまく使用しており、台詞や小道具で彼女の屈服を演出している。
シスターは教会の運営を続けるために、今度の妖しげな治験に参加する。それほどの敬虔な人物が、度重なる調教を受け、「私は、生まれて初めて、神を怨みました・・・」と信仰が薄れるほどに疲弊する。また、10日間耐えれば解放されるというのを愚直に信じる「あと少し・・・あと少し耐えれば・・・」も、人を疑うことのない清廉さをアピールする。こういったさりげない台詞がキャラとエロスも引き立てる。

小道具としては、ケープといったシスター衣装や、象徴ともいえる十字架をほとんどつけたまま犯されるのも良い。特に「5日目」の十字架の使い方はお気に入りである。口元から滴る十字架を落とさないよう、必死に歯を食いしばって悦楽を耐えている姿は非常に魅了され、セックスだ。

シスターが教会再建費用のための治験と騙されて人体実験でボロボロにされてしまうCG作品です。
プレイ内容としては性的欲求増強剤、凌辱、触手、くすぐり、収録と様々なシチュエーションが揃っており、個人的には腋責めが多いところが高評価です。また、教会やシスターという設定がプレイ内容に生かされていることもあってオススメです。

おすすめの記事