機械式女体化調教物語2

 

作品情報

作品名  
機械式女体化調教物語2
サークル名
ツタカズラまうまう

作品ギャラリー
Gallery







作品の詳細

このCG集は続きものです。

体が女になってしまった男が、娼館で娼婦としてカネを稼いで、

男の体に戻ろうとするが、女の体の愉楽に負け、屈服する物語です。

◆あらすじ◆

シーン1 「性の目覚め」

前回、女の体で初めてセクロスを体験してから、体の感覚がおかしい。
指で軽く触れるだけで、ゾクゾクとした愉楽が体を流れる。
一度始めてしまった自慰は、壮絶イキするまで指を止めることが出来ない。
イッても欲情が止まることはなく、俺はこの日、自分で男に跨がり、腰を振り続けた。

シーン2 「脱走」

このまま娼館に居ると、本当に自分が自分で無くなってしまうという恐怖で、
俺は脱走を決意する。カネは別の方法で集めりゃいい。
だが、この館で勤務する女の体には、脱走防止用のプログラムが書き込まれていた。

シーン3 「懲罰」

脱走に失敗した俺は、館から重い罰を受ける事になる。
脳と体の神経を書き換え、同時に愉楽信号を与え続ける拷問。
その愉楽地獄に、俺は感泣叫び、許しを請うことしか出来なかった。

シーン4「仕上げ」

改造した俺の体の出来上がり具合を確認するため、館の人間に犯される。
男の脳に、何杯も増幅された女のあらゆる愉楽が流し込まれる。
愉楽の釘が脳に突き刺さるような、認知不可能の壮絶イキ。
精神と肉体の完全な屈服。

シーン5「終わり」

心の表層では、反抗の思いを捨てていないフリをしているが、
体も脳も、心の奥底でも、あらゆる意味で、
自分がもう元に戻れないことを本能的に認識していた。

アンドロイド娼婦として変われ続けているTSものである。TSっぽい堕ちシーンと機械姦・輪姦シーンに大別でき、両方ともそのジャンルが好きな人にはクリーンヒットする出来だ。

TSならではの女体に溺れる要素だが、悦楽がやみつきになっている雰囲気が描かれている。心では「本当は男のくせに」「気持ち悪いはずのくせに」と否定するものの、悦楽の悩殺に対する好奇心と恐怖でぐらぐら乱されている。結局、前の作品で「女の悦楽」を学習させられているため、男のくせにずっぽりとガチガチの勃起チンポをくわえ込み、腰を振りたくる。ここでの悪態を叫びつつも行動をやめられないテキスト・スチル表現がされており、「男であることを守りたいが女の悦楽もほしい」ままならなさがたまらない。

機械姦はヒロイン・クリアのアンドロイドの肉体に施すため、電流プラグを用いて悦楽拷問だ。電撃攻めなのでがっつり固定されているクリアが背をのけぞらせるほどにジタバタする愚劣さが素晴っぽい。併せて想像以上の悦楽に心が折れてゆく敗北シチュも楽しめる。
本作でも継続して、表情差分が豊富であり、こざかしいな睨みもヘロヘロになったグロッキー顔も両方とも捗る。特に、前髪を掴まれて涙でグシャグシャの顔をさらされたり、口に指をブチこまれて強引笑顔をさせられているシーンは個人的お気に入りである。

まだ続編を望めそうな本シリーズ、是非ともクリアには堕ちるところまで堕ちてほしいものである。

前の作品で女体化し、エロ婦人としての悦楽を知ってしまった主人公はダメと分かっていてもエロ婦人として自慰し、娼館で客と交わり、アクティブに腰を振り、エロ婦人として感じてしまいます。
これではダメだと娼館から抜け出そうとしますが、それがバレて徹底的な脳神経改造・悦楽拷問を受けてどんどん悦楽の深みにはまっていきます。ほぼエロ婦人としての悦楽のことしか考えられなくなるも(モノローグの一人称も途中で「俺」から「わたし」になる始末)、どこかで娼館から抜け出してやると考えており悦楽堕ちとしては90%くらいのところで終了します。
是非とも彼女には完堕ちして欲しいので、続編を希望して待っています。
前の作品で女の悦楽に足を突っ込んだ男が、その悦楽にどっぷり浸かっていくストーリ~。
女の悦楽を知り、駄目だと思いつつも悦楽を貪ってしまうようになり、このままでは駄目だと娼館から脱走を試みるも失敗してお仕置きされ、悦楽に屈服してしまいます。
強気だった男の心が悦楽を叩き込まれて、恐怖で女の心に支配される姿がとてもいやらしい、極上の女体化作品でした。
生き延びるために機械の女体へ脳を移植された元犯罪者の男が、想像を絶する悦楽体験をする話です。シリーズ物なので、前の作品を知っていると「主人公の落差」がより楽しめると思います。

主人公のクリアは逃亡中の身で「体は機械で出来た女体、脳は男のまま」という特殊な事態です。前の作品で女の悦楽を教えられ、本作において「このままでは自分が保てなくなる」と危機感を募らせて逃亡を図るも捕まり…といった流れになります。

本作で特筆すべきは主人公の設定だろう。
体が機械のためにプログラムで簡単に制御され、娼館の命令に逆らえないまま自由を奪われてしまいます。なまじ強度があるために、脳が損傷しない限りは平気と人間の限界をめっちゃえた悦楽を叩き込まれるのはサイボーグならではでした。

また上記の「元犯罪者の男」という設定のため、主人公は可愛っぽい容姿とは裏腹に性格は荒々しく反抗心剥きだしです。エロ婦人が持つ凛々しさや気の強さとは違う、「荒っぽく険のある表情」が素敵でした。

その他、個人的にはシーン3「懲罰」での機械姦が特に好きで、上記の設定を上手く活用し、元犯罪者の男が女の悦楽に負けて感泣を入れる場面は愚劣シチュとして堪りませんでした。その後の主人公の一人称が変わってしまったのも実に良かったです。

「顔立ちは女だけど顔付きは男」なTSサイボーグ娼婦を滅茶苦茶にして屈服指示したいレイプ好きな方にお薦めです。

メス堕ちしていくときの主人公の表情がとても良く、特に主人公が中盤あたりで脱走して捕まってお仕置きされるシーンが個人的に好き。
女体化系作品の醍醐味でもある元男だった主人公が慣れない悦楽に耐えきれずにヨガりまくる表情がメッチャいやらしいですね。
主人公が女体化してメス堕ちする感じの作品を探している方や悦楽攻め系が好きな方にはオススメです。
この作品は前回と同様でよかったのですが、少しページ数が少ないかなと思いました。お小遣いや秒読み段階もあるのだろうが、もう少しページが多い方が個人的にはよかったかなーと思います。
ですか、機械に体を弄られるいシーンは極上でした。機械により感度を増幅さられるシーンは良かったです、後の男たちにレイプされて屈服するシーンも良かったです。

おすすめの記事