北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる。

 

作品情報

作品名  
北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる。
サークル名
STUDiO G-POWER!

作品ギャラリー
Gallery




作品の詳細

================================================
田舎村に嫁入りした北欧妻は、村人に受け入れてもらえず孤立していた。相談した義理のパパから
「よそ者、房事まで」の風習を教えられ、早速、寝床に連れて行かれてしまう……。
================================================

ブロンド碧眼、真っ白な肌と大きい乳房、綺麗でかわいすぎる顔立ちの北欧系キレイ系どエロ妻。
彼女は田舎村に嫁入りしたが、閉鎖的な土地柄故、村人に受け入れてもらえず悩んでいた。

ある夜、義理のパパの背中を流したまま相談すると、
村の風習【よそ者、房事まで】を教えてもらい、
義理のパパから「セクロスしてみるか?」と誘われてしまう。

思わぬ誘いに驚きつつも、彼女の目に映るのは、
旦那よりも大きく、カチカチに反り返ったたくましい義理のパパのオチ◯チンだった。

あの硬くて太くて反り立っているアレが、
自分のアソコにねじ込まれていく愉楽を想像し高ぶりを止められない北欧妻は、
「村人に受け入れてもらえるため……」
「風習だから仕方がないから……」と
自分に言い聞かせて義理のパパとの誘いに首を縦に振ってしまった。

義理のパパのセクロスは、北欧妻の期待を遥かにめっちゃえたもので、
風習の名の下、彼女は貪るように愉楽を味わっていく。

無事、義理のパパとの風習を済ませた彼女なんだけど、
村人から受け入れてもらうには、村人全員と房事(セクロス)しなくてはならず……。

-------------
・基本CG 16枚+α
・差分込み本編 242枚
・[イラストのみ]版も収録

描線と彩色に特徴のある作品。無知な北欧妻を寝取る卑劣な罠と思いきや、ラスト近くで意外な事実が判明します。ネトラレ作品といいつつも読後の後味の悪さが無くなるたった一言の台詞、それに関しては読んで確認していただくのが良いとして、この作品は高い画力と見たいものを見せてくれるという演出力に裏打ちされています。こと後半の乱戦はとにかくいやらしいのでおススメ。とりあえずはネトラレ耐性よりも愛のないプレイに対する耐性を判断基準にしておけば間違いありません。
北欧ドすけべ妻がメインヒロインですが、彼女は貞操観念が緩め。
NTRモノ・悦楽堕ちモノといえば「最初は嫌がりつつも、開発されていくうちにドすけべ淫乱・ヤリマンにされる」と運ぶのが王道です。しかし彼女は最初から義理のパパの立派なぺニスを見てあれをブチこまれたらどんなに気持ち良いだろうと想像し、その後も村に溶け込むため、風習のためと言い訳をしたまま自分からどんどん悦楽を欲しがっていきます。言うならば「もともとドすけべ淫乱・ヤリマンな素質があったのが、どんどん引き出されていった…」と運ぶ物語です。
旦那の姪も、北欧ドすけべ妻に勧誘されて村の風習に巻き込まれ、最初は嫌がるものの初体験のセクロスで後半は悦楽を覚え、その後はイケイケに堕ちます。姪もドすけべ淫乱な素質があったということですね。

村に溶け込めず悩んでいた北欧ドすけべ妻、都会っ子の姪も挙句の果てには村の風習に馴染めて村の一員になることができてハッピーエンド。イラストも綺麗で、特に悦楽にとろける顔が素晴っぽい。乱交・輪姦され、濃厚ザーメンまみれになりつつ恍惚とした表情を浮かべる二人がとても良かったです。

作品の説明文からすれば「せめて冒頭ぐらいは妻が嫌々感アリアリでセクロスするのかな?」と思っていましたが…ほとんど愛する亭主以外の男(養お父さん)に抱かれる事に対して葛藤や罪悪感のようなモノは見られず、イケイケでアンアン浮気セクロスを愉しんじゃう北欧妻に正直ビックリしました(笑)

その後も「俺と打ち解けられたように他の村民オスどもと仲良くなりたいなら、セクロスするのが一番!」という養お父さんのススメに全く疑問を持つことなく夜な夜な集会所で『乱交という親睦』を深めていきますw

挙句の果てには「自分と同じようになかなか村民と打ち解けられなかったくせに、最近急に自然と仲良くできるようになったのが羨ましい」と思ってる姪ちゃんも集会所に誘い…一緒に島民男共と乱交➩途中から昔から伝わる『この村の風習』を本当は知ってた北欧妻の亭主も加わり、姪を犯す亭主の傍らで自分は養お父さんに犯されつつ村民男共に一斉大量射精を浴びるされ…ようやく「自分達も本当の意味で村の一員になれた♪」と、カラダ中精液まみれになりつつ色気ムンムンどエロ嫁と姪は一緒に微笑むのでした…。

ネトラレ物愛好家の方は「アッサリ堕ちるのが駄目!」と仰る傾向が強いようですが、僕のように『多人数合意SEX乱交物大好き野郎』にとっては…色気ムンムンどエロ嫁も姪も抵抗っぽい抵抗をほとんど見せずアッサリ村民男共のギンギンの男根に夢中になりアンアン喘ぎまくってくれるので、ドすけべ淫乱なエロ婦人が極上に欲情するという御仁には自信をもってオススメできますっ!

ただ展開的には最後に色気ムンムンどエロ嫁と姪が受精し村民男共と『ボテ腹たっぷりと大量中出し大量射精を浴びる乱交』するまで行って〆なのかなと思いましたが…そこまでは描かれずに終了してしまうので、そういうシーンを期待されておられる方はご注意の程を。

とある田舎に色気ムンムンどエロ嫁いで来たけど村八分扱いに悩む北欧妻が
土地の因習に呑まれるも順応し村の共用肉便器になる話

本作はそんな流れで最初からめっちゃめちゃシコですが北欧妻本人も
元々ドすけべ淫乱の素質があったらしく早々に悦楽を貪るようになり
村で仲の良い姪っ子の初物を手解き迄する迄染まってしまい
姪っ子共々村の男衆と乱交をするようになりメス堕ちエンド

それで作品タイトルにもある肝心のNTR要素なのですが…

確かに一応は旦那に隠すように北欧妻は行動するのですが
即堕ちした上で背徳感を愉しむ意味で心で謝罪する感じ

もっとは終盤「旦那が村の因習を知っている」と言う事実が
明かされその上で旦那が妻の前で姪を犯す展開になります
その時にはもう北欧妻も完堕ちしているので旦那の行動に
特に疑問に思わず「村の一員」として接する感じですね

つまり寝取りは寝取りでも「世間の常識からのNTR」ですかね?
私はライト勢なのでそこ迄気にしませんがNTRスキー専門なら不満を感じるかもしれません

おすすめの記事