搾精学級_最終回~性格最悪の女子しかいない学校で性的イジメ生活~

 

作品情報

作品名  
搾精学級_最終回~性格最悪の女子しかいない学校で性的イジメ生活~
サークル名
搾精研究所

作品ギャラリー
Gallery








作品の詳細

シューマツ町をコントロールする地元大会社シューマツ重工は
本当は裏でとんでもない兵器を作って莫大な利益を上げていた!
それを暴くための計画「クルセイド計画」!
主人公ウチダはこの計画を成功させるため尽力するが!
その計画自体もババアとアポカリ四天王が仕組んだ大強奪計画に過ぎなかった!!

暴走するアポカリ女子!粉砕される町!戦場と化す校内!!
そして明かされるシューマツ最新兵器!
ババアの真の目的は!?
国際武器商人ガバマンとは!?
鬼才のサイコ科学者カイバラが作った兵器とは!?
未だ謎多き、シオタニ先生の正体は!?

目を覚ませ!操られ終末鬼と化したサオトメとマーちゃん!!
抗え!北校の学生!イチジョウ!コバヤシ!カゲヤマ!サンゼンイン!
そして立ち上がれ!我らが主人公ウチダ!!
この町がアポカリプスと化す前に!!

搾精学級シリーズ最終回!!!

基本絵 21枚
ページ数 700ページ

使用素材
「きまぐれアフター」
「佐野俊英が、あなたのだけ劇画マンになります(SN:GJ0382956)」
「ぐったりにゃんこのホームページ」http://guttari8.sakura.ne.jp/
「MoonWind」 http://moonwind.pw

普通はですね、シリーズ総決算を評して「大団円でした」と言ってしまうと物語の方向性を示唆する重大なネタバレになると思います。
ただ、本作に限っては既に大団円だけは決定事項だと考えて差し支えありません。
だって、表紙を見てください。
シリーズ各話で1,2名ずつ登場した個性豊かなヒロイン達が全員勢ぞろいで敵味方も分け隔てなく乱交パーティして、これが大団円じゃなかったら何だって言うんですか。
これは落胆すべき失策じゃなく、ギスギスした逆凌辱学園において、少なくとも「みんな仲良くハーレムH」が間違いないしているのは小さくない安心感がありました。

その乱交パーティに至る過程が流石のシナリオ性でした。
熱いバトルあり、陰謀渦巻く裏切りあり、感動の共闘あり、うるせぇカメオ出演あり、予想外の次々とした。
前述の通りサイテー限ハーレム乱交だけは判明しているはずのくせに、それを忘れてしまうくらい絶体絶命の事態に週刊少年バトル漫画を見ている感覚でした。

そして、やはり本シリーズの特徴である「学生」の部分が生きていました。
忌々しい親の支配から逃れたい願望が暗黒面を作り出す一方で、共に過ごした仲間との友情がフォースの光明面になり、両方とも思春期の少年少女っぽい原動力でした。
おまけに、ただ格闘なのじゃなく、ただ感動なのでもなく、要所要所で淫行を挟んでくるのが流石です。
個人的には駆けつけ一杯のごとく鮮やかに上下に鋭く騎乗する疾走感が面白かったです。

おすすめの記事